不動産ニュース / 開発・分譲

2024/6/7

三菱地所、仙台で高速道路IC直結の物流施設開発へ

 三菱地所(株)は7日、仙台市役所において、「社会課題解決型次世代期間物流施設」の実現に向け、仙台市、仙台市郡山北目土地区画整理組合設立準備委員会の3者で、社会課題解決型基幹物流施設実現に向けた連携に関する覚書を締結した。

 三菱地所は、レベル4自動運転(高速道路での自動運転)トラック等の次世代モビリティの受け入れ可能な次世代型物流施設の整備を進めることでトラックドライバー不足という社会課題解決につなげる「基幹物流構想」を掲げ、取り組みを推進している。今回、東北圏域にこの施設を整備することで、物流業界の人手不足を解消するとともに、配送効率の高い物流ネットワークの構築を図る。

 計画地は仙台市太白区郡山北目地区で、「仙台」駅から車で17分、常磐道「仙台若林JCT」から車で3分、東北道「仙台南IC」から車で14分。この地で、国道4号線、東北自動車道、仙台東部道路に接続する「長町IC」直結の物流施設を開発する。敷地面積約11万平方メートル、延床面積27万3,000平方メートル、マルチテナント型物流施設として開発する。
 高速道路ICに直結した専用ランプウェイを設けることで、自動運転トラックや後続車無人隊列走行などの次世代モビリティが高速道路から一般道に下りることなく利用できる施設を実現する。
 さらに、レベル4自動運転トラックが建物内も運行できるように施設整備を進める他、ダブル連結トラックの受け入れも可能とする。竣工は2030年代前半を予定している。この施設の実現に向けて、同日、3者の連携に関する覚書を締結。覚書の内容は、「仙台市郡山北目土地区画整理組合設立準備委員会による土地区画整理事業の推進に関すること」「三菱地所が整備を進める基幹物流施設の実現に向けた支援等に関すること」「その他覚書の目的を達成するために必要な活動に関すること」。

 覚書締結後に挨拶に立った仙台市長の郡 和子氏は、「この施設は、国際競争力の強化、そして東北の発展に資するものとして大変期待している。実現に向けて国や県の支援も受けながら、3者で連携して取り組んでいきたい」と述べた。また、三菱地所執行役社長の中島 篤氏は、「今回の取り組みは、ドライバー不足を始めとする物流業界が抱えるさまざまな課題を解決することにつながり、それがひいては日本経済の成長、国民の生活を支えることに寄与していくものだ。3者一体となって計画を実現できるよう、当社一丸となって取り組んでいく」と語った。

 なお同社は現在、京都府城陽市でも次世代モビリティに対応した基幹物流施設の開発を進めており(過去のニュースを参照)、今後も関東圏、中京圏、近畿圏の他東北、中国、九州といった結節点となる立地で同様の施設を開発していく考え。

宮城県仙台市太白区郡山北目地区 高速道路IC直結型次世代基幹物流施設の完成予想イメージ

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

土地区画整理事業

市街地を面的に整備するために、土地の区画形質の変更や公共施設の整備を行なう事業の一つで、土地区画整理法に従って実施されるものをいう。 この事業の実施によって、例えば、不整形な土地や袋地が解消され、道路や公園が整備されることとなる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。