不動産ニュース / その他

2024/6/21

大阪ガス、実験集合住宅に資源循環の検証住戸

 大阪ガス(株)は21日、同社の実験集合住宅「NEXT21」(大阪市天王寺区、総戸数18戸)において、新たな改修住戸の概要を発表した。

 同実験住宅は地下鉄谷町線「谷町六丁目」駅徒歩5分に立地。敷地面積は1,542.92平方メートル。地上6階地下1階建てで、地下1階~地上2階は鉄骨鉄筋コンクリート造、3~6階をプレキャストコンクリートと鉄筋コンクリートの複合構法で建てている。竣工した1993年以降、「環境」「エネルギー」「暮らし」といった側面からの視点で居住実験を続けており、エネルギーシステムの構築や新たな暮らしの提案を行なっている。2024年4月には居住実験開始から30年を迎え、新たに「和の居住文化の継承・発展」をテーマとした住戸改修を行なうこととした。

 改修住戸の専有面積は134.64平方メートル。日本の住まいには、風や太陽光、熱など自然の力を取り入れる「パッシブデザイン」の先駆的な考えがあったことから今回の改修においても、環境シミュレーションを実施し、計画中の建物の影響なども含めて自然環境への影響を可視化する。

 伝統的な日本の住まいにおける「サーキュラーデザイン」(資源循環)も導入し、既存住戸の材料を極力活用するほか、新規に導入する材料には周辺地域で発生するごみの再利用や、自然素材を利用することで、改修に関するエネルギー低減に役立てる。さらに、将来的に改修・解体が容易にでき、転用もしやすい構工法を採用し、同実験住宅や近隣の住民らが施工プロセスに関わり、自らメンテナンスできるようにしていくという。

 25年4月に現住戸の解体を開始し、26年2月に竣工する予定。竣工後は公開見学なども行なう。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。