不動産ニュース / 開発・分譲

2024/6/21

川越で分譲マンション発売/明和地所

「クレオ レジダンス川越」外観完成予想図

 明和地所(株)は21日、新築分譲マンション「クレオ レジダンス川越」(埼玉県川越市、総戸数100戸(住戸99戸、管理事務室1戸))の販売を開始した。

 東武東上線、JR川越線「川越」駅徒歩5分に立地。敷地面積は3,862.79平方メートル。建物は鉄筋コンクリート造地上9階建て。

 住戸は、間取り2LDK~4LDK、専有面積65.72~117.68平方メートル。二面接道の開放的な敷地を生かし、南向き中心(全61戸)、ワイドスパン中心(全65戸)の全26タイプとした。1階にはテラス・専用使用駐車場付き住戸を設けたほか、全住戸に専用のルーフ付きサイクルポートを設置。上層階は100平方メートル超のプランやメゾネット、ルーフバルコニー付きのプレミアム住戸。

 空間を柔軟に活用できるよう、バルコニーに面するリビングと洋室間の間仕切に複数本引戸や可動間仕切を採用。インテリアを好みに合わせて自由に設定できる「conomi(コノミ)」、機器のトラブルから日々の困りごとまで24時間365日電話対応する「クリオ駆け付けコール」、鍵の引き渡しから15年間、対象の住宅設備機器の不具合を無償で修理・交換するアフターサービス「CLIO SUPPORT 15」も導入する。

 共用設備として、宅配通知や荷物の発送、クリーニングの受け取りなどの機能が付いた宅配ボックスや、EV自動車充電用スペースを整備する。エントランスホールにはWi-Fiを完備。また、1階には防災備蓄倉庫を設置する。

 竣工は2025年12月中旬、入居開始は同月下旬の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

第二種住居地域

都市計画法(第9条)で「主として住居の環境を保護するため定める地域」と定義されている。この用途地域では、建ぺい率の限度は原則として50%、60%または80%である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。