不動産ニュース / 団体・グループ

2024/7/11

ARES、制度改善・税制改正要望を決定

 (一社)不動産証券化協会(ARES)は、11日に開催した理事会で2024年度の「制度改善要望」と「税制改正要望」を決定した。

 制度改善要望では、(1)資産運用報告に係る電子提供措置の整備と、(2)投資法人が税会不一致による二重課税の解消手段を行使する際の任意積立金の取り扱いに係る改正の2点を要望。(1)については、原則書面交付とされている投信法における投資法人の資産運用報告を原則電子提供とするよう制度改善を求める。また、(2)では、投資法人が解消手段として利益超過分配を行なう場合に圧縮積立金・買換特例圧縮積立金を取り崩さなくても済むよう措置を要望する。

 税制改正要望では、(1)投資法人、特定目的会社および特例事業者等が不動産を取得する場合における登録免許税・不動産取得税の権限措置の延長・拡充等、(2)投資法人が税会不一致による二重課税の解消手段を行使する際の任意積立金の取り扱いに係る改正、(3)NISAの拡充の3点を盛り込んだ。(1)では、不動産取得税の軽減措置の対象資産を「データセンター」にも拡充する見直しを求めるほか、特例事業者等に係る登録免許税・不動産取得税の軽減措置の適用要件緩和を求めていく。また、(3)については、NISAの「つみたて投資枠」の投資対象商品に、東証REIT指数のみに連動する投資信託およびETFを追加するように要望する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。