記者の目 / IT・情報サービス

2016/3/31

「内覧」はひとりでするものに

IoTで変わる賃貸住宅探し

 IoT(Internet of Things=モノのインターネット)という言葉が聞かれるようになって久しい。日常生活を取り巻くさまざまなモノとインターネット(通信機能)を結び付け、通信・制御を行なうことで、ユーザーの生活にこれまで考えられなかった利便性を実現する、という考え方だ。住宅・不動産業界に関連するモノで、いち早くIoTを取り込んだものの一つが「スマートロック」。玄関のカギやオートロックを遠隔操作で開閉できるスマートキーは、住まいに入居するユーザーの利便性向上だけでなく、不動産事業者のビジネス変革ももたらそうとしている。

スマートロック。特定のコードをインターネット経由で送ることで、遠隔操作によりロックを開閉できる。開閉から1分後、自動で閉まるので、外出時の閉め忘れも防止できる
スマートロック。特定のコードをインターネット経由で送ることで、遠隔操作によりロックを開閉できる。開閉から1分後、自動で閉まるので、外出時の閉め忘れも防止できる
三菱地所リアルネットの「無人内覧」申込ページ。希望の住戸を選び、登録する。
三菱地所リアルネットの「無人内覧」申込ページ。希望の住戸を選び、登録する。
次に、見学時間を予約する。最大2コマまで予約できる。同じ時間帯に、複数の予約を受け付けないため、ゆっくり見学できる
次に、見学時間を予約する。最大2コマまで予約できる。同じ時間帯に、複数の予約を受け付けないため、ゆっくり見学できる
予約が済んだら、直接物件を訪問する(写真は、無人内覧を行なっている「ザ・パークハビオ 上野レジデンス」)
予約が済んだら、直接物件を訪問する(写真は、無人内覧を行なっている「ザ・パークハビオ 上野レジデンス」)
スマートフォンでアプリを立ち上げ、ロックを解除すると、エントランスのドアが数秒で開く。
スマートフォンでアプリを立ち上げ、ロックを解除すると、エントランスのドアが数秒で開く。
見学住戸の玄関では、アプリからロックを解除する。数秒後、ドアから音がしたら開錠完了。
見学住戸の玄関では、アプリからロックを解除する。数秒後、ドアから音がしたら開錠完了。
新築賃貸モデルルームよりも、むしろ一般流通物件の内覧のほうが効果があると見込んでいる
新築賃貸モデルルームよりも、むしろ一般流通物件の内覧のほうが効果があると見込んでいる
モデルルームの随所にQRコードが貼ってあり、住戸に関する各種情報をウェブで取り出せる。営業社員要らず
モデルルームの随所にQRコードが貼ってあり、住戸に関する各種情報をウェブで取り出せる。営業社員要らず
QRコードを読み込むことで、階数や方位の違う部屋の眺望もチェックできる
QRコードを読み込むことで、階数や方位の違う部屋の眺望もチェックできる
スマートロックの販売価格は2万円前後。個人がセキュリティ向上などを目的に買うことも多い。このシンプルなIoTツールは、賃貸管理業界の仕事に革命をもたらすかもしれない。
スマートロックの販売価格は2万円前後。個人がセキュリティ向上などを目的に買うことも多い。このシンプルなIoTツールは、賃貸管理業界の仕事に革命をもたらすかもしれない。

玄関ドア開閉を遠隔操作できるスマートロック

 「スマートロック」とは、玄関サムターンを回転させるモーターが仕込まれた、一種の通信デバイスといえる機械だ。サムターンにかぶせるようにセットし、携帯電話等から指示を送ることで、インターネット、WIFIを介し玄関ロックをワイヤレスで開錠・施錠できる。

 ユーザーは、スマートフォンにアプリケーションを入れておくことで、カギを使わずに玄関を開け閉めできる。開閉錠に必要なコードは共有でき、家族全員がカギを持たずに外出できるほか、子供が帰宅したときや友人の来訪時、オフィスや外出先から玄関を開けるといった芸当も。また、履歴が残るため、家に誰が何時に出入りしたかをチェックもできる。友人が来訪するときだけ、時間限定の「キー」をメール経由で送信することも可能だ。

 自動車業界では、ワイヤレスでドアを開けることも、キーを刺さずにエンジンをかけることも、今や当たり前にできる。マンション業界でも、キーを鞄に入れたままオートロックを通ることや、ごく一部のマンションでは、キーやカードを玄関センサーにかざすだけで開錠できるものもある。しかし、基本的には「鍵」か「カード類」といったハードがなければ、玄関は開かない。これらの機能をスマートフォンのアプリケーションとインターネットに置き換えたことが、スマートロックの特徴だ。

 このスマートロックだが、いまや家電量販店などで、一般ユーザー向けに販売されており、一般ユーザーの住生活向上という側面に加え、いま不動産管理や仲介の営業現場にも入り込み、その営業スタイルを変えようとしている。

ウェブで予約、スマホで開錠

 三菱地所グループの不動産流通会社、三菱地所ハウスネット(株)は今年2月から、同社が仲介・管理する賃貸住宅で、「スマートロック」を活用した「無人内覧」を開始した。同グループが資本・業務提携している不動産管理向けシステム・アプリ開発を手掛ける(株)ライナフが開発したスマートロック「NinjaLock」を活用するもの。

 通常、賃貸住宅の内覧は、ユーザーが仲介会社に出向き、営業社員と同行して見学することがほとんど。カギを借りて勝手に見に行く、またはキーボックスの番号を聞いてひとりで見に行くようなケースも稀にあるが、事故が起きた場合の責任問題もあるし、何より仲介会社が「営業」できない=成約率が下がるので、無人内覧というのはあまりない。客づけ仲介会社の案内時も同様で、キーボックスや暗証番号のロックなどは、セキュリティに不安があった。

 同社は、スマートロックの「特定の相手に、特定の時間帯のみ利用可能な鍵の開閉権限を与える」特長を生かし、「希望者が自由な時間に」、「仲介会社にカギを借りに行くことなく」、「担当者の立ち合いなく」内覧できるシステムを確立している。

 内覧希望者は、事前にホームページで内覧時間を予約することで、指定時間だけ有効な「カギ」が与えられる。指定時間に、直接物件に行き、スマートフォンやタブレット端末等で専用サイトにアクセスすると、玄関オートロックの開閉と、住戸玄関を開錠・施錠するしくみだ。

 内覧できる部屋の内部には、物件説明のチラシが置いてあるのはもちろんだが、それとは別に、要所にQRコードを添付してある。たとえば、「物件概要」のコードをスマートフォンや携帯で読み取れば、物件概要のホームページが立ち上がる。サッシにあるコードを読み取れば、階差を変えて眺望が確認できるといった具合に、ユーザーは物件のセールスポイントをはじめ、通常であれば同行の営業社員に確認する事項も確認できる。

 内覧予約は1時間ごとに区切り受け付け、複数のユーザーが同時に内覧できない。複数の部屋のキーを付与することもできるため、比較検討しながらの内覧にも対応できる。

 さて問題は、「無人内覧中の事故をどう防ぐか」だが、どのキーを使って入退出したかの履歴が残るほか、時間を過ぎたキーも無効になるため、同社はリスクはあまりないとしており、さらに“こっそりと”監視カメラも付けているのだという。これは、あくまでも「緊急時の確認」のためで、常時監視ではないそうだ。

 同社は、「ザ・パークハビオ 上野レジデンス」(東京都台東区、総戸数125戸)での試験導入を終え、今後は他の管理物件にも拡大していくという。

入退室履歴を成約率向上に生かす

 賃貸仲介・管理会社にとって、スマートロックの「効能」は、「無人内覧」だけにとどまらない。そのカギとなるのは、IoTツールならではの「情報収集・分析機能」だ。

 説明してきたように、スマートロックでは、内覧者の属性とキー権限が紐づいているから、データとして蓄積、分析することで内覧者特性が簡単に収集でき、間取りや家賃の分析などに生かせる。また、内覧が多いのに成約しなければ、設定家賃や住戸プランなどの問題点があることもわかる。この内覧システムを、客付け仲介会社にも開放すれば、自社の客付けに熱心な営業社員や会社、客付けの「打率」なども分析でき、より効率的なリーシングにも活用が可能だ。

 スマートロックは、欧米ではすでにかなり普及していたが、サムターンの形状が日本のものと違うため、日本では導入が遅れていた。それも、様々な企業が参入し、日本独自のスマートロックのバリエーションが増えている。あと数年もすれば、賃貸物件の内覧スタイルは、今とはずいぶん違ったものになるかもしれない。不動産業界にあって、非常にわかりやすい、IoTの体現者といえよう。(J)

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

IoT(インターネット・オブ・シングス)

InternetofThings。モノが人を介することなく相互に情報をやりとりする概念をいう。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年8月号
日々の実務に役立つ情報満載です

ビジョンのキーワードである「不動産最適活用」に取り組む事業者への取材等を通し、今後必要となる経営戦略を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(税込、送料無料)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円(税込、送料無料)

お知らせ

2019/7/9

「記者の目」更新しました

「事故物件」の流動化に挑む」更新しました!
最近、よく耳にするようになった「事故物件」。心理的瑕疵の心配があることから取引を避ける不動産仲介会社が多く、市場に出回っても不当な安さで買い叩かれるなど、物件所有者の苦労は計り知れない。「事故」の内容が自殺や殺人事件ならともかく、自然死(孤独死)までもが同一視されるために、超高齢化社会の日本において、頭を悩ませるオーナーがますます増加することも想像できる。今回は、そうしたオーナーを救うためにつくられた事故物件専門サイト「成仏不動産」に注目。運営会社を取材した。