海外トピックス

vol.315 ベビーブーマーズがミレニアル世代をとらえる「住宅セールス」大作戦

若者層はネットであらゆるものを購入する傾向がある。不動産購入もまずネットを通じてリサーチ(メイン州ベアーアイランド)
若者層はネットであらゆるものを購入する傾向がある。不動産購入もまずネットを通じてリサーチ(メイン州ベアーアイランド)
従来通りのセールスの方法で、「家売ります」のサインが立つ一戸建て住宅(イリノイ州シカゴ市)
従来通りのセールスの方法で、「家売ります」のサインが立つ一戸建て住宅(イリノイ州シカゴ市)
若者層はカジュアルなもてなしが大好きだ。呼んだり呼ばれたり…、ベランダやポーチがその中心となる(バーモント州ポストミル市)
若者層はカジュアルなもてなしが大好きだ。呼んだり呼ばれたり…、ベランダやポーチがその中心となる(バーモント州ポストミル市)
カジュアルと言っても若者層は洗練された道具類を選ぶ。後方にみられるBBQグリルは高級品(バーモント州ポストミル市)
カジュアルと言っても若者層は洗練された道具類を選ぶ。後方にみられるBBQグリルは高級品(バーモント州ポストミル市)
冬に家を売る時は庭が茶色く枯れいいイメージを想像しがたい。花が咲いている季節の写真を写真立てに入れて飾って置きたい(イリノイ州シカゴ市)
冬に家を売る時は庭が茶色く枯れいいイメージを想像しがたい。花が咲いている季節の写真を写真立てに入れて飾って置きたい(イリノイ州シカゴ市)
パティオにテーブルを出して、ブランチや午後のお茶を楽しめる設定をしておく(カリフォルニア州カピストラノ市)
パティオにテーブルを出して、ブランチや午後のお茶を楽しめる設定をしておく(カリフォルニア州カピストラノ市)
イタリア土産のタイルを壁に埋め込んだり、壁の色を塗り替えてモダンでおしゃれに模様替えをした友人宅。常に新鮮に家を保つ努力が売る時に実ってくる(カリフォルニア州カピストラノ市)
イタリア土産のタイルを壁に埋め込んだり、壁の色を塗り替えてモダンでおしゃれに模様替えをした友人宅。常に新鮮に家を保つ努力が売る時に実ってくる(カリフォルニア州カピストラノ市)
単なるベランダでも、椅子や花やテーブルを出しておくと、実際に使うときのイメージがわき、はるかに効果的(コロラド州デユランゴ市)
単なるベランダでも、椅子や花やテーブルを出しておくと、実際に使うときのイメージがわき、はるかに効果的(コロラド州デユランゴ市)

 暮らしを簡素化するベビーブーマーズ(団塊の世代)がますます増えてきた。持ち家を売り、暖かい地域へ引っ越す。手入れが楽なコンドミニアム、あるいは車しか交通手段がない郊外から都心部へ住み替える。

 アメリカのベビーブーマーズの大半はローンをすでに払い終えた持ち家に住んでいる。住まいを変えるにはまず持ち家を売らねばならない。現在の不動産マーケットでは、買い手の主流は20代から30代のミレニアル世代。彼らは家の好みも物件の探し方もベビーブーマーズとは違ってきている。
 
 では、売り手のベビーブーマーズがミレニアル世代(つまり買い手)を惹きつける作戦はあるのだろうか?

なんでもネットで購入のミレニアル世代

 ミレニアル世代は売り物件に出向く前、インターネット上ですでに充分リサーチ済みである。例えば、自分たちが望む家のイメージ、どこに住みたいか、予算内でどれ位の物件の入手が可能かなど。

 あれもこれもなんでもネットで入手する傾向がある若者世代だから、そのうち不動産物件までネットで購入する気になるかもしれない。だからコンピューターが苦手なブーマーズであっても、家を売る際にネットに載せるのは絶対条件だ。物件のセールスを不動産エージェントに依頼すると不動産会社側は写真をつけて物件を売り出してくれるが、それでも「自分の財布をはたいてでも写真家を雇って撮影してもらうべきだ」と、20年近く不動産ビジネスを行なっているぺージ・エリオットさんは注意をうながす(12/11/2016 Chciago Tribune newspaper) 。

 若者層を惹きつけるには高品質の写真やビデオ画像が効果的であり、携帯で手軽に撮るような写真では充分な効果が期待できないと、最近は不動産会社側も認めるようになってきた。

ドローン映像が急速に普及

 部屋数が多く庭も広い一戸建て住宅では、物件全体を掴むためにドローン映像が大活躍する。ドローンとは小型無人飛行機を指し、元来は軍事目的で開発されてきたが、現在では写真を空から撮る「空撮」や農薬散布、工事現場の軽量化など幅広い用途で使用されている(www.pocket-lint.com/news/130253-drone-aerial-photography-explained-here-s-what-it-is-and-how-to-do-it)。

 アマゾンがドローンを使って注文の品を30分以内に依頼主に配達する、というアイディアを打ち出し、ドローンは一躍の注目を集めた。カメラドローンは簡単に入手でき、価格も4,000円台から数万円までさまざまあるが、もしも自分で物件の空撮をするつもりなら、その区域それぞれに航空管制管理局の規制があるので事前に調べ許可を得る必要がある。

 航空管理局によると、不動産ビジネスがドローンマーケットに占める割合は2020年までに全米で22%にのぼるだろうと予想している(12/11/2016 Chciago Tribune newspaper) 。 

不動産物件専門の写真家が活躍

 こうした風潮を背景に、不動産物件を専門に扱う写真家の活躍が近年めざましい。

 「スペースクラフティング」や「VHT スタジオ」はドローン映像を効果的に使ってビデオで空からの俯瞰図やフロアプランを全体から細部に至るまで捉え、ミュージックビデオやビデオゲームなどバーチュアルリアリティ感覚に慣れた若者世代の要望に応えている。

 特にスペースクラフティングのホームページを見ると、自分がその場にいて部屋を次々と歩いているような錯覚を覚える。そして次第に画像は空からの俯瞰イメージに変わってゆき、物件の全体像が掴める仕組みで切れ目がない。よどみのないその巧みな誘導には、さすがプロの仕事と感心してしまった。ぜひ見ていただきたい。

「ステージャー」が若者向けに住宅を演出

 このほか、若者世代を惹き付ける手法として「ステージャー」と呼ばれるインテリアデザインの専門家の活用がある。ステージャーは買い手が物件を見に来る前に家の内部をより魅力的に整えておく。室内をステージ(舞台)として考え、観客、つまり買い手の興味を引くように舞台装置を演出するのだ。

 部分的にカーペットを敷いてアクセントとして使ったり、ランプを置き、明るさと暗さの階調をつけたり、さりげなく食器類をテーブルに整える、写真立てを並べるなど、見せる焦点を絞り劇的な空間を演出するのである。

 買い手がまず目にする玄関周りにも注意をはらい、ドアを若者世代が好むタイプのドアに変えたりもする。古いカーテンは絶対に取りはずす。時代遅れの壁紙ははがしてペンキを塗り替える。色彩は若者に人気のあるカフェに行って見学するのが一番だそうだ。

 以上、いくつかの例をあげてみたが、魅力的なネットでの写真、ドローン映像、外回りと内部の家のデコレーションの見直しなど、若者層を惹きつけ、少しでも早く高く売るためのヒントになりそうだ。
心当たりの方はいくつか作戦を立ててみたらどうであろうか。


Akemi Cohn
jackemi@rcn.com
www.akemistudio.com
www.akeminakanocohn.blogspot.com


新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です

新連載「シリーズ・この道ひとすじ」
遺品整理サービスのパイオニアが語る 「人の生き様から学ぶ生き方」もスタート!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

「登録講習」アットホームスタディ

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/6/21

「記者の目」更新しました

「子育て」を乗り切るマンション」の記事を更新しました。

マンション購入後、ライフスタイルや家族構成の変化等に合わせて変えられたら、と思うのは「間取り」や「収納」ではないでしょうか。そんな中、なかなか変更することが難しい間取りや収納を簡単に変えることができるシステムができたそう。今回の記者の目ではそのシステムについてレポート!是非ご覧ください。