海外トピックス

vol.324 玄関にブランコ? 前庭に焦点を絞るわけ

玄関の横においてあるブランコ。大人用である(イリノイ州シカゴ市、以下同)

 最近目立つのが、お洒落なブランコ。
 大人用のブランコを玄関前の庭に置く家が増えている。子供達はもちろんブランコが大好きで遊ぶが、大人用にサイズが大きく作られているブランコが新しい傾向。主眼はデコレーションであろうか。

 家の裏庭やベランダでなく正面前庭、つまり歩道のすぐそばに置いて、友人達となごやかに談笑している光景は開放的で微笑ましい。アメリカは車社会なので、歩道に人通りは多くないが、通りかかった歩行者はブランコに乗った隣人に声を掛け合ったり、時には話の輪に入って一緒にブランコに座ったり…、ブランコで楽しい絵ができあがる。

きちんと手入れされた前庭。芝生はカーペットのように滑らかで美しい

前庭と玄関は「家の顔」

 歩道から家全体が見渡せるだけに、家の前庭と正面玄関には特に気を配って設計がなされる。建物は建築家が設計するが、前庭のデザインは撒水装置も含めて造園家(landscape archtect)や造園業者(landscaper)に委託する場合が多い。正面玄関から片側をスロープにして車椅子が使えるように設計され、片側は階段で歩道へ。玄関から植物が歩道までバランスよく配置され、造園家の手を経ているに違いない(写真参照)。

 また、建築設計の段階でブランコを前庭のアクセントとして配置する家も見受けられる(写真参照)。

最近建てられた家。最初からブランコの置き場が設計されている。たぶん庭全体はランドスケープアーキテストが設計したに違いない
ブランコだけでなく、椅子もいくつか置いてあり、歩道から飛び入りも入ってなごやかに団欒できる

突然、舞台が変わるように

 シカゴの5月初めはまだ寒く、庭いじりを始める気分ではないが、5月末のメモリアルウィークエンド(戦没記念日)までにはどこの家でも花々が突然勢揃いし、毎年のことながらいつもびっくりさせられる。

 冬から一転、芝居で突然舞台が変わるように、あたり一面眺めは春となる。タネを撒いて急に育つわけはないが、大手の園芸店や工具店、スーパーマーケットがすでに満開の花の苗を一斉に売り出し、人々はごっそりと苗を買い込んで車に積んで持ち帰り庭に植えるわけだ。ランドスケーパー(造園業者)が請け合って庭を花で彩る場合もある。
 ロビン(こまどり)やカーディナルなど、鳥達も花々につられて急にさえずり始める。

園芸店は一斉に花を売り出す

芝刈りの仕事は、今や業者任せ

 芝生を刈るのは、以前は子供達やご主人達がしたものだったが、今は業者に任せる家庭がほとんど。つい最近まではメキシコ人業者が一手に引き受けていたが、不法移民が少なくなかったために、トランプ大統領の一声で途端に激減してしまった。政治がすぐに庶民の暮らしにまで波及する。

 それだけの理由ではないが、水撒きも現在は機械任せの家が多い。地面に埋め込み、セットされた時間に自動的に撒水する装置をつけた家が増えたのである。

専門の造園家に依頼する家も少なくない。植物の選び方や花の色彩などさすがだ
ロールにまかれた芝をパッチワークのように植え付けて数時間で前庭のランドスケープ(造園)は完成してしまう

塀で囲まないから前庭は重要

 芝生、歩道と街路樹、道路。このワンセットが典型的なアメリカの住宅街の家並みだ。
 塀で家を囲まないから、道路からも歩道からも家の前庭が見晴らせる。だから芝生の手入れに加えて植木や花、玄関にまで気を配ることになる。自分で庭いじりをする人や専門家に頼む人もいるが、前庭は家の顔であろう。よそから見て最初に目に入るし、その家の内の様子を醸し出す部分でもある。

左側はスロープにして車椅子利用、右側は階段になっている玄関まわり。高さを考えた植物など配置してバランスよく設計されている

手入れを怠ると、周囲から「注意」が

 一戸建て住宅に限らず、タウンハウス、コンドミニアムも例外でなく、前庭は美しく飾るが、それがすまい全体の価値を判断する目安にもなる。
 芝生の手入れや玄関まわりの手入れを怠ると、その家だけでなく、区画全体の評価まで落ちてしまうので、そんな場合は近所から「気をつけてほしい」とメモが届くことも・・・。

 最近多く使われ始めたお洒落なブランコは人々を歓迎するシンボルと言えようか。美しく彩った前庭と共に家の価値を高める。
 そして区域全体を良い状態に保てば評価価格が上がり、物件が高く売れるという実際的な配慮であろう。

Akemi Cohn
jackemi@rcn.com
www.akemistudio.com
www.akeminakanocohn.blogspot.com

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

タウンハウス

2階建ての連棟式住宅のこと。各住戸の敷地は、すべての住戸の所有者が共有していることが多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年8月号 日々の実務に役立つ情報満載です

特集『賃貸仲介・管理“どうする?こんなクレーム”』
入居者のライフスタイルの変化により多様化した クレームを、実際の対応もあわせて 紹介します。


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/7/21

「海外トピックス」更新しました

Vol.326 タウンハウスを選ぶ理由(その2) の記事を更新しました。

タウンハウスが最近人気の理由を実際の居住者から探ってみました。

そして、タウンハウスには意外な歴史背景が…