海外トピックス

2022/5/1

vol.392 伝統あるビール工場を「高級ロフト」に再生【ドイツ】

 南ドイツにリーゲルという都市があります。その昔、陶器の製造が盛んだったこの地に、今や“ホットスポット”とも呼ばれる高級ロフト(※)が建てられ、観光地や地域住民の散歩コースとして愛されています。夜には建物がライトアップされ、素敵なイルミネーションが楽しめます。そんな高級ロフトを訪ねてみました。

※倉庫等を改装した住居、アトリエ、スタジオのこと。

住宅難などを背景に、利活用を決意

「リーゲラー・ロフト」外観

 この建物の正式名は「リーゲラー・ロフト」。2006年に投資会社ギージンガー・グループ(Giesinger Group)が個人所有者であるF.F.B(Fürstlich Fürstenbergischen Brauerei)から建物を購入、近郊フライブルグ市にある設計事務所ロスヴァイラー(Rothweiler)に設計委託して建設されました。

 実はこの建物、従前は大規模なビール製造工場でした。1834年から2003年に至るまで、バーデン州(現在のバーデン・ビュッテンベルグ州)で二番目に大きなビール製造会社として運営されていました。黄金時代の1880年頃までビジネスは拡大の一途をたどり、なんと1894年には会社の目前に専用線路を敷き、作り立てのビールを冷たいままパリまで運んだ事が記録に残っています。この会社のトレードマークである線路は現在も大切に使われ、在来線が運行しています。
 1923年になると、息子がビジネスを引き継ぎ、不況のあおりを受けた事業を立て直そうと試みます。しかし第一次大戦後のインフレと1950年代まで続く第二次大戦の混乱は激しく、事業は悪化。1972年に後継者が絶えてしまったことでF.F.Bが買収、ビールは2003年まで製造され続けたのでした。

 こうして100年以上の歴史を築き上げたビール工場は、歴史的建築物として価値が高い一方、老朽化が激しく、どのように利活用するか長年吟味されてきました。
 今回、住居として改築された一番の要因は、ドイツにおける住宅難と、それによる不動産投資家の増加が挙げられます。近年のドイツでは、重要文化財に限らずさまざまな建物を住居として改築し、高級マンションとして売り出す事例が増えています。例えばミュンヘンでは、古くなった女性刑務所や工場跡、兵舎などを高級マンション・アパートに建て替え、売却するケースが見られます。

 また、「リーゲラー・ロフト」の立地条件が住居に非常に適していた、という点も挙げられます。リーゲルは緑豊かで環境が良く、病院や学校、主要駅、アウトバーン等とも近いため利便性も高いです。スイスのバーゼルやフランスのアルザス地方へも約1時間でアクセスできます。
 さらに、建物の一部が重要文化財に指定されてるため、“文化財に住む”という付加価値も付きます。壁面の随所に見られる可愛らしい赤みがかった茶色は、まるでメルヒェンの世界のよう。ビール工場特有の高い天井も人気のようです。

建物の歴史を知ってもらうため、敷地内に残した「ミニビール工場」

従前の仕様を生かしつつ、断熱性等を向上

 2007年に改築プロジェクトの話が持ち上がり、09年に竣工すると、すぐに住戸の販売がスタート。12年には全120戸が完売しました。現在、売りに出されている唯一の物件を発見したのですが、約121万ユーロ(日本円で約1億6,000万円)でした。この物件は、製造したビールを保存するための「Kuhlturm」(冷蔵貯蔵庫)内にあるスタジオタイプで、専有面積は約840㎡と広めです。貯蔵庫にはその他、スタジオタイプの住戸57戸、そしてアパートがあり、延床面積は約4,000㎡にまで及ぶそうです。

 全物件の中で最も高額な部屋には、改装プロジェクトを主導したロスヴァイラー社の代表取締役・オリバーさんが住んでいます。場所は、「リーゲラー・ロフト」の一番のチャームポイントといえる、大きな丸い塔の最上階。部屋の内部は、YouTubeで公開しています。

 この塔の中は全17戸のアパートで、専有面積約60㎡の単身者向け住戸から、約400平方メートルのメゾネットタイプ、壁をぶち抜いて造ったギャラリータイプなどを用意しています。天井高(3.7~9m)と窓(3m×3m)は従前のまま生かしつつ、断熱性の向上等を行ないました。建物を改築する上で一番大事なコンセプトは、“エネルギー改革”。建物が重要文化財であるため、法規面でクリアすべきハードルは多く、決して簡単な道のりではなかったでしょう。

奥へ行くほど価格の高い物件になる。この道が各物件に通じる唯一の通路で、事前予約なしには入れない。警備員が常駐しているので安心
左手前が単身者向けのアパート棟

 外観デザインは、1912年に形作られた「モダンゴシック・スタイル」と呼ばれるもの。アパートの駐車場を出てすぐの場所には、同スタイルを受け就いた美術館「Messmer」(メスマー)があります。さまざまな美術品に囲まれた棟内のカフェで、お茶をしてくつろぐ人々の笑顔が見えます。職人たちの手によって、「リーゲラー・ロフト」は“アート作品”として再び息を吹き返したのです。

駐車場の横にある美術館。ロフトの住人はアーティストが多いと聞く

キュンメル斉藤めぐみ
ドイツ在住ライター。海外書き人クラブ所属。外資系企業勤務を経て、2015年より近郊コミュニティーカレッジにてヨガや栄養学、料理教室を主宰。現在フリーランスライターとして、文化・生活情報を提供・寄稿。掲載メディアは『ヨガジャーナル』、『EJイングリッシュジャーナル』(アルク)、『家の光』(JAグループ)、不動産流通研究所など。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。