不動産ニュース / 団体・グループ

2001/4/19

住まいのリフォームに関するアンケート調査結果を発表

 (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターは、平成13年2月に東京と横浜で実施したリフォームフェア「How to Reform 2001~お話しませんか、新世紀の暮らしと住まいの見直し~」において、来場者を対象に調査したアンケート結果をまとめ、発表した。

 リフォームには生活の質的向上を求める傾向にあり、対象となるリフォーム部分も「内装」や「キッチン」「浴室」などの設備改善が上位を占めている。
 
 また、リフォームを行なう上で、どこに頼んでよいか分からないという答えが多く、業者を決める際、ほとんどの人が実績を重視しながらも、価格で選ぶという人が半数以上にのぼった。これにより、リフォーム分野にも価格競争が及んでいることが明らかになった。

 なお同調査は、来場した首都圏(東京・神奈川・干葉・埼玉ほか)に居住する30~60代を中心とした443名を対象として行なった。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。