不動産ニュース / 仲介・管理

2001/4/26

首都圏中古マンション価格の定点観測で下落幅拡大

 東急リバブル(株)は、半期ごとに行なっている「首都圏中古マンション定点観測」(2000年10月~2001年3月期)の結果を発表した。
 それによると、対前期比変動率は4.5%下落(前回調査では2.1%の下落)し、対前年比変動率は6.8%の下落(前回調査では5.1%の下落)となった。
 下落幅が縮小傾向にあった昨年までの状況から拡大傾向へと移行しており、同社では景気の後退懸念が高まり消費者の住宅取得意欲が低下するとともに、新築マンションの大量供給の影響を受けたことによると分析している。また、一部の好条件マンションを除き、今後も下落基調で推移すると見ている。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。