不動産ニュース / 調査・統計データ

2011/1/28

首都圏物流施設の平均空室率、2.2ポイント改善し、11.5%に/CBRE調査

 シービー・リチャードエリス(株)(CBRE)は28日、首都圏の賃貸物流施設の空室率(2010年12月期)を発表した。
 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県にある延床面積1万坪以上の物流施設50棟を対象にヒアリング調査をしたもの。

 首都圏のマルチテナント型賃貸物流施設の平均空室率は11.5%と前期(10年9月期)に比べ2.2ポイント改善した。空室率を押し上げる要因となっていた築浅物件の空室消化が進み、既存物件(築1年以上経過した物件)でも2.5ポイント低下して空室率9.9%に改善。当期は内部テナントの館内増床により、稼働率が上昇した物件が目立った。

 地域別にみると、エリア間による格差が表面化、神奈川県湾岸部等ではテナント誘致に苦戦する物件も散見される一方、千葉県湾岸部・常磐方面では需要が底堅く、大型物件ではまとまった面積の空室が少なくなってきた。物流コスト削減効果を狙った拠点再編や、より割安な施設への移転需要を吸引した結果といえる。ただし、賃料水準については、全般的には下落幅に歯止めはかかりつつあるものの、未だ弱含みで推移している。

 11年中に予定される新規供給物件は限定的であることから、こうした空室率の低下傾向を受けて、しばらく様子見の状態であった不動産投資会社の開発意欲が再び活発化してきている。同社では、今後、複数の開発案件が顕在化する可能性が高い、と分析している。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。