不動産ニュース / 調査・統計データ

2012/4/12

オフィスビル市場の空室率、全国的に改善基調/CBRE

 シービーアールイー(株)(CBRE)は12日、2012年第1四半期の全国13都市の賃貸オフィスビル市場動向を発表した。

 東京では、丸の内でグレードAビルが2棟竣工して需要を大きく吸収するなど4万坪を越す前期同水準の新規需要が創出され、23区全体の空室率は7.2%(前期比0.1ポイント改善)となった。一方、グレードA市場全体では需要が新規供給に追い付かず、空室率は6.4%(同1.3ポイント増)となった。グレードAビルの想定成約賃料は1坪当たり2万9,800円と、前期比横ばいで推移し、底入れの兆しが見受けられる。

 大阪では、空室率が10.2%(同0.5ポイント改善)、グレードA市場の空室率は11.9%(同2.6ポイント改善)と、いずれも改善傾向。新規供給がない中、テナント移転の機運が旺盛となっていることから、コストアップを伴う事例も見られる。

 名古屋では、新築ビルが高い稼働率で竣工したことに加え、名古屋駅前の大型ビル建て替えに伴う大型需要を吸収したため、市全体の空室率は12.3%と7期連続の低下。グレードA市場については空室率が2.6%(同0.8ポイント改善)の低水準となり、想定成約賃料も1坪当たり2万2,350円と高水準を維持。希少性の高い市場となっている。
 
 全国的には、防災・設備面で優れたビルへの需要が底堅く、従来の集約統合移転に加え、賃料割安感を背景とした立地改善、ビルグレード改善を目的とした積極的な移転や拡張等、市場の拡大につながる動きが増えている。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年12月号
日々の実務に役立つ情報満載です

北海道から沖縄まで、全国11社を取材!そのビジネス手法に迫ります
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/11/11

「記者の目」更新しました

EVなし物件をDIY可で人気物件へ」更新しました!
エレベーターのない物件の上階は、借り手がつきにくいのが賃貸住宅の常識。今回紹介するある物件も、EVがなく、借り手が見つからない状態が長く続いていた。そこで(株)ジェクトワンは、同物件をクリエイター向けの「DIY可」オフィスとして転用することで、見事人気物件へと蘇らせた。