不動産ニュース / 開発・分譲

2015/3/3

物流施設開発を加速。17年度までに計2,000億円を投資/三井不動産

「三井不動産ロジスティクスパーク柏」外観予想パース
「三井不動産ロジスティクスパーク柏」外観予想パース
「まだ実績のない九州などでの供給も含め、年間3~4物件を目安に開発を進める計画」と語る、商業施設本部ロジスティクス事業部長の三木孝行氏
「まだ実績のない九州などでの供給も含め、年間3~4物件を目安に開発を進める計画」と語る、商業施設本部ロジスティクス事業部長の三木孝行氏

 三井不動産(株)は3日、新たに4棟の物流施設を開発すると発表した。

 同社は、国内事業競争力の強化の一環として2012年、物流施設事業部(現・ロジスティクス事業部)を発足。これまで首都圏を中心に9件の物流施設の開発・運営を手掛け、うち6件については稼働を開始している。

 同社はロジスティクス事業のさらなる発展に向け、4月1日付で、ロジスティクス事業部をロジスティクス本部へと変更。「ロジスティクス事業部」「ロジスティクス事業開発部」「ロジスティクスリート準備室」を設置し、事業体制の強化を図る。

 新たに開発するのは、「三井不動産ロジスティクスパーク(以下、MFLP)柏」(千葉県柏市、延床面積3万1,400平方メートル、15年11月竣工予定)、「MFLP平塚」(神奈川県平塚市、同3万3,200平方メートル、16年11月竣工予定)、「MFLP小牧」(愛知県小牧市、同3万8,900平方メートル、17年1月竣工予定)、「MFLP平塚II」(神奈川県平塚市、同4万3,400平方メートル、18年9月竣工予定)の4物件。

 開発・稼働済み13件の総延床面積は約100万平方メートルで、投資規模は1,600億円。17年度までに計2,000億円の投資を進めていく計画。

 3日会見した同社執行役員商業施設本部ロジスティクス事業部長の三木孝行氏は、「事業参入からわずか3年で、ここまで事業を成長させることができた。先進的な物流施設の需給は相変わらず逼迫している。これまでは関西1物件、中部1物件のほかは首都圏を中心に展開してきたが、まだ実績のない九州なども含め、年間3~4物件を目安に開発を進めていきたい」と語った。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

サブリース事業のガイドラインの概要やポイントを分かりやすく解説! 対応する事業者の取り組みも紹介します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/3/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.378 デンマーク人が最も大切にしている価値観 “ヒュゲ”【デンマーク】」配信しました。
最近、何かとメディアで取り上げられる「ヒュゲ(ヒュッゲ)」。とはいえ、実際にどういった意味なのか、説明できる人は少ないかもしれません。発祥元となるデンマークで暮らすライターが、デンマーク人の暮らしや思想を紐解きながら、「ヒュゲ」について説明します。