不動産ニュース

2016/12/26

タイ・バンコクに分譲マンション事業で進出/阪急不動産

共同事業契約調印式の様子
共同事業契約調印式の様子

 阪急不動産(株)は26日、タイにおいて、不動産ディベロッパーであるセナ・デベロップメント(本社:バンコク、CEO:シラワット パンニャラクパーク氏、以下、セナ社)と合弁会社を設立したと発表した。設立日は12月5日。

 同本合弁会社は「SENA Hankyu 1 Co.Ltd(セナ・ハンキュウ・ワン)」(代表:ケサラ パンニャラクパーク氏)で、資本金は7,500万タイバーツ(約2億5,000万円)。阪急不動産が49%、セナ社が51%を出資し、今後バンコクにて分譲マンション事業を展開する予定。

 セナ社は、タイ証券取引所に上場するディベロッパーで、バンコクおよびその周辺エリアにおいてミドル層向けの住宅を開発。これまでに約1万1,000戸のマンション供給実績を持つ。またタイで初めて太陽光発電付き住宅など環境に配慮した開発を行なったことで知られている。

 なお、同事業は、阪急不動産にとってベトナム・ホーチミンに続くASEAN2ヵ国目の進出。ホーチミンでのプロジェクトについては、2015年4月に販売を開始した海外初の分譲マンション「フローラ アンダオ」がすでに完売、16年6月に販売を開始した「フジ レジデンス」も順調に進捗しており、11月には「フローラ キキョウ」を発表している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。