不動産ニュース / 不動産金融・証券化

2017/1/26

神奈川、福岡の工場・倉庫など11物件を取得/IIF

 産業ファンド投資法人(IIF)は24日、新たな資産取得を決めた。

 取得するのは「IIF横須賀テクノロジーセンター」(神奈川県横須賀市)、「IIF湘南テクノロジーセンター」(神奈川県高座郡)、「IIF大阪此花ロジスティクスセンター(準共有持分49%)」(大阪府大阪市)、「IIF福岡箱崎ロジスティクスセンターI(準共有持分60%)」(福岡市東区)、「IIF福岡箱崎ロジスティクスセンターII(準共有持分60%)」(福岡市東区)、「IIF板橋ロジスティクスセンター(準共有持分60%)」(東京都板橋区)、「IIF仙台大和ロジスティクスセンター」(宮城県黒川郡)、「IIF太田ロジスティクスセンター」(群馬県太田市)、「IIF大阪住之江ロジスティクスセンターI(準共有持分75%)」(大阪市住之江区)、「IIF大阪住之江ロジスティクスセンターII(準共有持分75%)」(大阪市住之江区)、「IIF盛岡ロジスティクスセンターII」(岩手県紫波郡)などの工場、倉庫など。

 取得予定価格は「IIF横須賀テクノロジーセンター」が4,000万円、「IIF湘南テクノロジーセンター」が1,200万円、「IIF大阪此花ロジスティクスセンター(準共有持分49%)」が4,263万円、「IIF福岡箱崎ロジスティクスセンターI(準共有持分60%)」が3,115万円、「IIF福岡箱崎ロジスティクスセンターII(準共有持分60%)」が5,451万円、「IIF板橋ロジスティクスセンター(準共有持分60%)」が1,031万円、「IIF仙台大和ロジスティクスセンター」が1,480万円、「IIF太田ロジスティクスセンター」が1,010万円、「IIF大阪住之江ロジスティクスセンターI(準共有持分75%)」が9,075万円、「IIF大阪住之江ロジスティクスセンターII(準共有持分75%)」が1,905万円、「IIF盛岡ロジスティクスセンターII」が1,302万円。

 今回の取得により、同投資法人の保有資産は59物件・取得価格合計約2,465億円となる。

 また、今回の取得に伴い、新投資口の発行と投資口の売り出しを実施。公募による新投資口発行口数は4万3,538口、オーバーアロットメントによる売り出しが1,062口、野村証券(株)を割り当て先とする第三者割当による新投資口発行口数は1,062口となる。調達資金は、差引手取概算額で上限約226億円。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。