不動産ニュース

2017/2/1

東京Aクラスビルの成約賃料、前期比ほぼ横ばい/三幸エステート調査

 三幸エステート(株)は1日、(株)ニッセイ基礎研究所と共同開発した成約賃料に基づくオフィスマーケット指標「オフィスレント・インデックス」2016年第4四半期版(10~12月)を発表した。

 東京都心部のAクラスビル(延床面積1万坪以上、基準階床面積300坪以上、築年数15年以内)の賃料は、前期比ほぼ横ばいの1坪当たり3万3,785円(前期:3万3,703円)。15年第3四半期を頂点にゆるやかな低下傾向が続いている。築浅ビルが中心の既存ビルに対する需要は底堅いが、新築ビルをはじめとする一部の高額物件では、テナント誘致に時間がかかるケースが増えている。
 空室率は3.4%(同0.5ポイント上昇)と2期連続での上昇。新築ビルへの需要が顕在化しにくくなるようであれば、空室率が上昇傾向を続ける可能性もあると同社は見ている。

 一方、Bクラスビル(基準階面積200坪以上でAクラスに含まれないビル)は、1坪当たり賃料が1万8,385円(同4.6%低下)と3期連続の低下。16年第1四半期をピークとして、低下傾向が鮮明になりつつある。
 空室率は2.2%(同0.4ポイント低下)と再び低下に転じ、08年第4四半期以来の低水準となった。

 また、今期よりCクラスビル(基準階面積100坪以上で200坪未満。築年数制限なし)もデータを公開。1坪当たり賃料が1万5,345円(同7.5%上昇)と上昇に転じた。A・Bクラスビルでは賃料に天井感が漂い始めているが、Cクラスビルにはまだ及んでいないと見られる。
 空室率は2.7%(同0.3ポイント低下)と引き続き10年第3四半期をピークとする低下傾向が継続。

 賃料を前年同期と比較すると、Aクラスビルは2.8%上昇、Bクラスビルは0.7%上昇、Cクラスビルは6.2%上昇した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。