不動産ニュース / 調査・統計データ

2017/2/6

不動産の景気動向指数、3ヵ月連続で改善/TDB調査

 (株)帝国データバンク(TDB)は3日、2017年1月の「TDB景気動向調査(全国)」結果を発表した。調査対象は2万3,796社、有効回答数は1万195社。

 同月の景気動向指数(景気DI:0~100、50が判断の分かれ目)は45.2(前月比0.2ポイント下落)と、5ヵ月ぶりに悪化。燃料などのコスト増や天候不順のほか、米国発のマイナス効果も加わり、回復傾向が足踏みとなった。今後の景気については、「緩やかな回復が続くと見込まれるものの、米国の政策を注視する必要がある」としている。

 業界別では、「運輸・倉庫」「製造」「建設」など4業界が悪化。「不動産」「小売」など6業界が改善した。「不動産」の景気DIは49.3(同0.6ポイント上昇)と、3ヵ月連続で改善。「新年から賃貸の動きが活発となっており、例年よりスタートが早い」「建築関連は引き合いが多いが、職人不足で客先に待ってもらう状況」といった声が聞かれた。

 「建設」のDIは49.2(同0.5ポイント下落)。「相変わらずオフィスビルの工事案件が多く、社内全体がフル回転」「都市部の大型プロジェクトは推進されているが、地方の設備投資は単発的で継続性がない」などのコメントが寄せられた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。