不動産ニュース / その他

2017/2/17

12月の建設工事出来高、微増の4兆7,768億/国交省

 国土交通省は17日、2016年12月分の「建設総合統計」を発表した。建築着工統計調査・建設工事受注動態統計調査から得られる工事費額を着工ベースの全額と捉え、過去の調査で得られた工事の進捗率を適用して月次の建設工事高として推計している。

 同月の出来高総計は、4兆7,768億円(前年同月比1.2%増)。
 民間総計は2兆7,549億円(同7.7%増)。内訳は建築が2兆2,398億円(同7.6%増)、そのうち居住用は1兆4,080億円(同6.9%増)、非居住用は8,318億円(同8.8%増)。土木は5,151億円(同8.0%増)だった。

 公共総計は2兆219億円(同6.4%減)。内訳は、建築が3,132億円(同17.7%減)で、そのうち居住用が589億円(同22.2%減)、非居住用が2,543億円(同16.6%減)。土木は1兆7,087億円(同4.0%減)となった。

 地域別では、北海道2,146億円(同3.8%減)、東北5,711億円(同8.7%減)、関東1兆6,554億円(同4.3%増)、北陸2,443億円(同1.9%減)、中部5,595億円(同1.7%増)、近畿5,876億円(同3.7%増)、中国2,607億円(同5.8%増)、四国1,439億円(同1.5%増)、九州・沖縄5,397億円(同2.1%増)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年12月号 日々の実務に役立つ情報満載です

「全国版空き家・空き地バンク」の運用がスタート!その概要や、モデル事業者2社のサイトを紹介します。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

お知らせ

2017/11/20

「海外トピックス」更新しました

Vol.334 廃線後の鉄道を市民の憩いの場に ~画期的な都心の遊休地活用策 の記事を更新しました。

シカゴ市のど真ん中に東西4.3キロに及ぶ遊歩道があります。元は高架の鉄道でしたが、廃線後草ぼうぼうとなっていた場所。

10年かけておしゃれな公園に様変わりしました。名づけて「606公園」。

さて、「606」とは?