不動産ニュース / 仲介・管理

2017/3/24

沿線の空き家を借り上げサブリース/京急G

事業のスキーム図

 京浜急行電鉄(株)、京急不動産(株)、(株)京急リブコは、このほど(株)ルーヴィス(横浜市南区、代表取締役:福井信行氏)と業務提携。ルーヴィスが展開する、空き家・空室を借り上げて、リノベーションした上で転貸する「カリアゲ」の手法を用いた「カリアゲ 京急沿線」をスタートする。

 「カリアゲ 京急沿線」では、京急電鉄が空き家・空室物件のオーナーから物件を借り上げ、京急電鉄の負担でリノベーションを実施し、転貸。契約から6年間は、京急電鉄が査定した賃料の10%を、稼働状況に関係なく物件オーナーに支払うため、物件オーナーは空き家・空室に新たな投資をすることなく、安定した賃料収入を獲得できるようになる。
 オーナーの募集や賃貸管理は京急不動産が担当。リノベーションの施工はルーヴィスおよび京急リブコが実施する。

 対象は戸建て、アパート、マンション、長屋、ビル、店舗、倉庫。1戸から取り扱う。

 京急グループでは、今後もさまざまな空き家対策を実施し、沿線活性化につなげる考え。

この記事の用語

サブリース

賃借人が第三者にさらに賃貸することであるが、特に、住宅の管理を手がける事業者が賃貸住宅の所有者から住宅を一括して賃借し、それを入居者にさらに賃貸するという賃貸住宅経営の方法をいうことが多い。この場合、一括して賃借する事業者を、サブリース事業者または特定転貸事業者という。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。