不動産ニュース / 調査・統計データ

2017/3/29

商業用不動産価格指数、17期連続プラスに

 国土交通所は29日、2016年第4四半期(16年10~12月)の「不動産価格指数(商業用不動産)」を発表した。不動産価格指数は、10年の平均値を100として算出している。

 当期の商業用不動産総合指数は、113.9(前年同期比2.0%上昇)で17期連続のプラスとなった。
 用途別では、店舗が124.2(同2.2%上昇)、オフィスが125.0(同5.4%上昇)、倉庫が106.1(同9.8%上昇)、工場が96.5(同4.6%上昇)、マンション・アパート(1棟)が127.8(同2.4%上昇)。これらを総合した建物付土地総合は121.8(同3.2%上昇)と19期連続でのプラスとなった。
 また、商業地は95.7(同2.7%下落)、工業地は99.3(同0.4%上昇)となり、これらを総合した土地総合は97.2(同1.4%下落)で、6期ぶりのマイナスとなった。

 都市圏別の指数は、三大都市圏の店舗が125.6(同1.8%上昇)、オフィスが129.2(同6.1%上昇)、倉庫が105.2(同7.7%上昇)、工場が93.5(同3.2%下落)、マンション・アパート(1棟)が124.1(同0.8%上昇)、商業地が100.0(同2.8%下落)、工業地が100.6(同1.0%下落)。

  南関東圏では、店舗118.9(同5.6%下落)、オフィス142.4(同0.9%上昇)、マンション・アパート(1棟)121.1(同2.4%下落)、商業地107.9(同0.2%下落)、工業地107.5(同1.6%下落)となった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

不動産価格指数

不動産価格の動向を示すべく指数化した統計データ。国土交通省が2012年8月から公表している。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年1月号 日々の実務に役立つ情報満載です

19人のベテラン実務者たちが語る「不動産業の面白さ」とは?「やりがい」とは?…特集をチェック!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

お知らせ

2017/12/6

「海外トピックス」更新しました

Vol.335 生前遺言状作成で、家族との関わりをシンプルに の記事を更新しました。

離婚、再婚、養子、シングルマザー、LGBTの夫婦など、日本に比べると複雑なことが多いアメリカ人の家族関係。

だからというわけではないのかもしれませんが、アメリカ人は不測の事態に備えて法律的な処置を普段からしっかりしている人が多いようです。筆者の身近な例をもとに、彼らの生前相続対策についてレポートします。