不動産ニュース / 開発・分譲

常盤橋街区再開発、新築工事初弾を着工

下水ポンプ場完成予想図
建物は東京都下水道局が所有。
地下部分に、日本ビル地下にある下水ポンプ場を移設し、
地上部分は同局のオフィスとなる

 三菱地所(株)は17日、「東京」駅日本橋口前の大規模複合再開発「常盤橋街区再開発プロジェクト」(東京都千代田区)の新築工事第1弾となる下水ポンプ場(D棟)を着工した。

 同プロジェクトは、総面積約3.1haに10年がかりで4つの建物を新築するというビッグプロジェクト。従前の「日本ビル」「JXビル」は、国内初の特定街区として、東京都の下水ポンプ場、変電所、周辺ビルへの送電を行なう特高電気室などが一体開発されているため、これら施設の更新が容易に行なえるよう、新たに建設するビルとの一体化を解消する。

 新築工事にあたっては、既存の「日本ビル」の北側(約3,800平方メートル)を解体。地上9階建て地下3階建て、延床面積約3万平方メートルのビルを建設。建物は東京都下水道局が所有。地下部分に、日本ビル地下にある下水ポンプ場を移設し、地上部分は同局のオフィスとなる。完成は21年末。「日本ビル」の残存建物は改修し、2017年6月~22年度にわたり賃貸ビルとして利用する。また、解体部にあった特高電気室も、残存部に移設する。

 インフラ移設の影響を受けない再開発ビル(A棟、地上37階地下5階建て、高さ230m)については、18年1月に着工。21年度上期完成の予定。「日本ビル」跡地に建設する地上61階地下5階建て、高さ約390m、日本最高層のビル(B棟)については、下水ポンプ場が完成する22年度を待って既存ビルを解体し、23年度着工。27年度完成予定。また、変電所や首都高速道路と直結する地下駐車場(C棟)は、18年1月着工。27年度完成予定。

 地鎮祭の後会見した同社常盤橋開発部長の平井幹人氏は「このプロジェクトは、都市再生を牽引し国際競争力へ寄与すること、そして東京都心のインフラ更新という2つの目的がある。常盤橋の常盤は永久不変の意味がある。『日本ビル』は、1964年の竣工時東洋一と謳われた。全体が完成する27年には世界一のまちとしたい。これから着工する2つの超高層ビルは、ゆるぎない東京のシンボルとして、時代の変化に合わせ最新のテクノロジーを導入して、使う人の最大限の時間価値を引き出したい」と抱負を述べた。

下水ポンプ場建設地。
「日本ビル」の建物の一部を解体し、敷地をねん出した。
写真奥の「日本ビル」は耐震補強などの改修を行なったうえで、
6月からオフィスとして再び貸し出す

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

都市再生特別地区

都市計画において、用途地域等の規制の適用を除外して自由度の高い計画を定めることのできる制度、またはこの制度によって指定された区域をいう。この制度は、都市再生を図るための措置の一つで、その対象となるのは...

続きはRe-wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です

新連載「シリーズ・この道ひとすじ」
遺品整理サービスのパイオニアが語る 「人の生き様から学ぶ生き方」もスタート!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

「登録講習」アットホームスタディ

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/6/21

「記者の目」更新しました

「子育て」を乗り切るマンション」の記事を更新しました。

マンション購入後、ライフスタイルや家族構成の変化等に合わせて変えられたら、と思うのは「間取り」や「収納」ではないでしょうか。そんな中、なかなか変更することが難しい間取りや収納を簡単に変えることができるシステムができたそう。今回の記者の目ではそのシステムについてレポート!是非ご覧ください。