不動産ニュース / 調査・統計データ

地場景況感、賃貸は6エリアで改善/本社調査

 (株)不動産流通研究所は、2017年1~3月期の「地場の不動産仲介業における景況感調査」(第13回)の結果を公表した。アットホーム(株)に研究委託し、四半期ごとに実施している調査

 北海道、宮城県、首都圏、静岡県、愛知県、近畿圏、広島県、福岡県のエリアごとに前年同期と比較した業況判断指数(DI)を算出。「50」が前年並み。アットホームの全国不動産情報ネットワーク加盟店のうち、都道府県知事免許を持ち5年を超えて不動産仲介業に携わる2万4,535店の経営者層を対象にインターネットで調査した。有効回答数は592店。

 17年1~3月期の賃貸仲介DIは、北海道39.3(前期比13.2ポイント低下)、宮城県35.0(同7.7ポイント上昇)、首都圏46.3(同6.4ポイント上昇)、静岡県43.2(同3.7ポイント上昇)、愛知県46.1(同8.0ポイント上昇)、近畿圏47.4(同7.5ポイント上昇)、広島県39.3(同10.7ポイント低下)、福岡県51.1(同9.4ポイント上昇)、6エリアでDIが改善した。福岡県では前年よりも業況が改善したことを示す50を超えたものの、北海道と広島では10ポイント以上低下し、明暗が分かれた。

 17年4~6月期の見通しDIは、北海道54.2、宮城県31.7、首都圏38.1、静岡県43.2、愛知県43.4、近畿圏43.0、広島県42.9、福岡県45.5となった。北海道で50を超えたほか、静岡県以西では40台となり、慎重な見方は崩していないものの前年に近い水準で推移するとみる向きが強まっている。

 回答した不動産会社からは、「単価が上がり、即決のお客さまが多かった」(川崎市)、「設備が充実した物件へのニーズが強くなった」(兵庫県芦屋市)など、ポジティブなコメントが寄せられる一方、「人気・不人気物件の差がはっきり出た。不人気物件は値下げしても決まらない」(東京都府中市)など、市場の二極化を指摘する声も上がった。

 売買仲介DIは、北海道48.6(同2.8ポイント低下)、宮城県40.0(同3.1ポイント低下)、首都圏43.2(同0.2ポイント上昇)、静岡県48.8(同15.2ポイント上昇)、愛知県48.0(同11.9ポイント上昇)、近畿圏43.1(同6.5ポイント低下)、広島県38.9(同7.5ポイント低下)、福岡県56.0(同8.4ポイント上昇)。福岡県で50を超えたほか、中部エリアの静岡県、と愛知県で大幅な改善となった。

 17年4~6月期の見通しDIは、北海道47.2、宮城県42.5、首都圏42.2、静岡県46.5、愛知県49.5、近畿圏40.6、広島県44.4、福岡県47.6。全地域で40台となり、期待と不安が入り混じる結果となった。

 不動産会社からは、「価格高騰で買い控えが目立つ一方、既存の希望が増加した」(東京都新宿区)、「動きの良い物件と反響が弱い物件とに二極化している」(浜松市)、「売却と賃貸を並行して考えるお客さまが増えた」(大阪府茨木市)といった市況の変化を指摘する声が多く上がった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

仲介

不動産取引における宅地建物取引業者の立場(取引態様)の一つ。「媒介」と同意。

続きはRe-wordsへ

NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2017年6月号 資料編も充実!
特例に関する計算例や基準などもわかりやすく掲載しています

税制・法律・行政情報など、実務に役立つ情報満載! ご購読はこちら

ピックアップ書籍

マンション管理士合格講座/ 管理業務主任者合格講座アットホームスタディ

マンション管理士または管理業務主任者の資格取得を目指す方へ

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

お知らせ

2017/5/26

ムック本「防災・復興ハンドブック」<改訂版>発売しました

2010年9月に発売し、好評を得た「防災・復興ハンドブック」の改訂版を発売しました。

災害に見舞われたら、資産を預かる不動産管理会社や入居者の安全を預かる賃貸住宅オーナーはどう行動し、対処したらよいのか?

今回のハンドブックでは、2011年3月の東日本大震災、16年4月に最大深度7を2度記録した平成28年熊本地震の被災事業者の声をを基に被災時に必要な対応を取材し盛り込んでいます。

また国や自治体の防災対策や支援制度、時代に即したBCPの在り方等を中心に加筆、改定。さらに見やすくバージョンアップしています。是非お手元に常備を!

弊社ショップサイトからお申し込みください。