不動産ニュース / 仲介・管理

世田谷で都有地活用のサ高住開業/東建

「グレイプス用賀」外観

 東京建物グループの東京建物シニアライフサポート(株)は19日、「グレイプス用賀」(東京都世田谷区、住戸数120戸)を開業する。

 東急田園都市線「用賀」駅徒歩7分、「桜新町」駅徒歩9分に立地する、旧東京都交通局職員寮跡地を活用した都の福祉インフラ整備事業の第1号案件。東京建物シニアライフサポートが期間50年の定期借地権で土地を借り上げ、認可保育所と福祉施設を併設したサービス付き高齢者向け住宅を開発した。

 敷地面積3,525.88平方メートル、鉄筋コンクリート造地上6階建て。1階には社会福祉法人崇仁会運営の認可保育所と(株)やさしい手運営の看護小規模多機能型居宅介護事業所、さらに東京建物シニアライフサポートの直営による訪問介護事業所、居宅介護支援事業所を開設。入居者と地域住民に福祉サービスを提供していく。共用部にはラウンジやシアタールーム、娯楽室などさまざまな施設を用意し、入居者の充実した生活をバックアップする。

 住戸は、身体の状態に合わせた暮らし方ができるよう、3~6階を「レジデンスフロア」、2階を「ケアフロア」として整備。ケアフロアでは、専用フロントを設けたり、より手厚い見守りサービスを提供できるサービスを提供し、認知症や細やかな見守り支援が必要な人も入居して生活できる環境を整備している。

 住戸は、専有面積28~73平方メートル。間取りは1R・1LDK・2LDKの3種類を用意した。月額賃料は14万2,870~42万8,250円で、その他管理費(1人入居:3万9,850円、2人入居:5万9,350円)、基本サービス費用(同:3万8,880円、同:6万6,960円)などが必要。

 4月8日からモデルルームをオープンし、これまで100組以上の来場を獲得。19日の入居開始を前に、すでに約30件の契約を締結している。出足が遅いシニア向け物件では堅調な推移だという。

  同社では今後、特定施設なども含め首都圏で50棟のシニア向け物件の供給を目標に掲げ、さらに取り組みを進めていく考え。

グランドピアノが備えられたラウンジ
テラスでは、健康増進などに効果がある園芸プログラムを行なう計画

この記事の用語

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

規模や設備面で高齢者が生活しやすいバリアフリーな住宅(ハード)に、介護・医療などのサービス(ソフト)が付いた住まいをいう。ハード・ソフトの基準は以下の通り。

続きはRe-wordsへ

NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2017年6月号 資料編も充実!
特例に関する計算例や基準などもわかりやすく掲載しています

税制・法律・行政情報など、実務に役立つ情報満載! ご購読はこちら

ピックアップ書籍

マンション管理士合格講座/ 管理業務主任者合格講座アットホームスタディ

マンション管理士または管理業務主任者の資格取得を目指す方へ

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

お知らせ

2017/5/26

ムック本「防災・復興ハンドブック」<改訂版>発売しました

2010年9月に発売し、好評を得た「防災・復興ハンドブック」の改訂版を発売しました。

災害に見舞われたら、資産を預かる不動産管理会社や入居者の安全を預かる賃貸住宅オーナーはどう行動し、対処したらよいのか?

今回のハンドブックでは、2011年3月の東日本大震災、16年4月に最大深度7を2度記録した平成28年熊本地震の被災事業者の声をを基に被災時に必要な対応を取材し盛り込んでいます。

また国や自治体の防災対策や支援制度、時代に即したBCPの在り方等を中心に加筆、改定。さらに見やすくバージョンアップしています。是非お手元に常備を!

弊社ショップサイトからお申し込みください。