不動産ニュース / 政策・制度

空き家媒介、宅建事業者の負担適正化にも言及

会合の様子

 国土交通省の社会資本整備審議会産業分科会不動産部会(部会長:中田裕康早稲田大学大学院法務研究科教授)は16日、33回目となる会合を開き、「空き家対策等に係る中間とりまとめ(提言)」案をまとめた。

 同案では、空き家問題の解消に向けた具体的な取り組みとして、「空き家対策推進のための基礎整備」、「発生予防」、「適正な管理」「マッチング・媒介機能強化」、「再生・リノベーション」、「地域における空き家の活用」「除却」「空き地の活用」「空き家に係る調査・分析や政策研究の充実」を挙げ、それぞれの課題や求められる取り組みについてまとめた。

 「発生予防」では、所有者が安心して総合的に相談できる人材育成支援、「適正な管理」では、所有者へのサポート体制の充実や行政を含めた関係者間の連携強化、「マッチング・媒介機能強化」では、空き家などの低額物件にかかる媒介でかさむ費用負担の適正化などを提言。また「再生・リノベーション」では、住宅としての活用に加え、宿泊施設やグループホームなどへのコンバージョンを進めることも重要であると指摘。用途変更が円滑に行なえるような建築規制の合理化、各種助成・支援制度の活用やクラウドファンディングの活用など資金調達の多様化についても求めている。

 部会では、必要な修正を加えた上、近日最終とりまとめとして公表する。

この記事の用語

空き家・空き地バンク、空き家バンク

空き家・空き地の物件情報が登録され、検索できる情報システム。地方自治体が運営していることが多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年8月号 日々の実務に役立つ情報満載です

特集『賃貸仲介・管理“どうする?こんなクレーム”』
入居者のライフスタイルの変化により多様化した クレームを、実際の対応もあわせて 紹介します。


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/7/21

「海外トピックス」更新しました

Vol.326 タウンハウスを選ぶ理由(その2) の記事を更新しました。

タウンハウスが最近人気の理由を実際の居住者から探ってみました。

そして、タウンハウスには意外な歴史背景が…