不動産ニュース / 団体・グループ / 取材

2017/7/14

アウトバウンド投資活性化に向け、税制改正要望

 (一社)不動産証券化協会(ARES)は14日、第95回理事会を開催。平成30年度制度改善要望・税制改正要望について決定した。

 理事会では正会員として、ヘルスケアアセットマネジメント(株)の入会を承認。これにより同協会の会員数は、正社員111社、賛助会員182社、合計293社となった。

 制度改善要望には、(1)投資法人の監督役員の欠格事由の緩和、(2)不動産ファンドおよび不動産投資法人が運用財産相互間取引として不動産信託受益権の売買を行なう際の規定の緩和、(3)投資法人が税会不一致による二重課税の解消手段を行使する際の任意積立金の取扱に係る改正、を盛り込んだ。一方、税制改正要望は(1)固定資産税・都市計画税の負担調整措置および条例減額制度の延長、(2)不動産取得税における土地の課税標準の軽減措置並びに住宅および土地に関する税率の軽減措置の延長、(3)不動産投資等が海外不動産に投資した際に支払う直接外国税額の控除方法等の改正、(4)投資法人が海外不動産に投資した際に支払う法人税等(外国法人税)に係る導管性判定式の改正、を挙げた。

 理事会後会見した岩沙弘道会長は「固定資産税・都市計画税の負担調整措置については、不動産証券化商品の価値に影響を与える。不動産投資市場の成長目標にとって重要である。また、アウトバンド投資活性化に向けた要望を盛り込んだ。日本の不動産投資運用の真のグローバル化を本格化させることは、当協会の使命。アウトバウンド投資を活性化させるための課題や相談が会員からも寄せられているが、そのためには制度的な課題から取り組みを始めることが必要。今年度はこのような制度改善、税制改善要望に尽力していく」と述べた。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年12月号 日々の実務に役立つ情報満載です

「全国版空き家・空き地バンク」の運用がスタート!その概要や、モデル事業者2社のサイトを紹介します。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

お知らせ

2017/11/20

「海外トピックス」更新しました

Vol.334 廃線後の鉄道を市民の憩いの場に ~画期的な都心の遊休地活用策 の記事を更新しました。

シカゴ市のど真ん中に東西4.3キロに及ぶ遊歩道があります。元は高架の鉄道でしたが、廃線後草ぼうぼうとなっていた場所。

10年かけておしゃれな公園に様変わりしました。名づけて「606公園」。

さて、「606」とは?