不動産ニュース / 仲介・管理

首都圏3ヵ所にサテライトオフィス開設

「サテライトオフィスふじみ野ナーレ」イメージ

 (株)東武鉄道は21日、厚生労働省の平成29年度「仕事と子育てを支援するサテライトオフィスのモデル事業」に参画。首都圏内3ヵ所にサテライトオフィスを開設すると発表した。

 多用な働き方ができるテレワークの普及・促進の一環として厚生労働省が公募したサテライトオフィスのモデル事業に、同社が所有する埼玉県草加市、埼玉県富士見市、神奈川県横浜市内の合計3物件が採用されたもので、運用等に関する業務は東武ビジネスソリューションが受託して実施する。

 企業の場所にとらわれず仕事ができ、通勤時間の削減や育児・介護等と仕事の両立や、多様で柔軟な働き方による業務の効率化が期待されるサテライトオフィスは良質なテレワークの推進につながると考え参画。駅を中心とした子育て支援・就業支援など、生活支援の充実による沿線価値向上と子育て世帯の安定住化促進を図る。

 開設するサテライトオフィスは、「サテライトオフィス草加松原」(埼玉県草加市、座席数14席)、「サテライトオフィスふじみ野ナーレ」(埼玉県富士見市、座席数17席)、「サテライトオフィス横浜」(横浜市西区、座席数16席)。開設期間は2017年8月23日~19年2月28日まで。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

テレワーク

働き方のひとつで、情報通信機器等を活用して時間や場所の制約を受けずに柔軟に働く方法をいう。事業所に出勤せずに家で作業する在宅勤務、個人が委託・請負によって作業する在宅ワークなどがあるが、情報通信技術を幅広く活用することが特徴である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年9月号 日々の実務に役立つ情報満載です

編集部レポート『既存住宅の時代 後編 需要喚起した新サービス』
住宅の「質」の不安を解消し、新築に負けない満足度を実現する不動産会社の取り組み を紹介。


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/8/9

「記者の目」更新しました

東京・中野に“新しいまち” 」の記事を更新しました。

 

東京都中野区の元々は国家公務員宿舎だった4.4haの土地に“新しいまち”をつくる、「江古田の杜プロジェクト」(江古田三丁目地区)。同プロジェクトでは、同区が抱える「子育て世代の区外転出」や「小児初期救急診療施設の不足」などの課題の解消にも取り組むそう。今回は、具体的な計画についてまとめました。是非ご覧ください。