不動産ニュース / その他

2017/9/12

奈良・広陵町と移住対策等で協定/近鉄不

 近鉄不動産(株)は、奈良県北葛城郡広陵町との間で「移住及び定住の促進並びに空き家対策に係る連携協力に関する協定」を結ぶことで合意。9月21日に締結する。

 広陵町は、奈良県の中西部に位置。大阪市へ直線距離で約30kmで、大阪都市圏のベッドタウンとして発展を遂げてきた。人口は約3万5,000人。現在、地方創生事業として、移住に関するプロモーションや、空き家に対するインスペクション等を実施。同社がインスペクションの実施等で協力したことを契機に協定締結へと至った。

 協定では、都市圏からの移住・定住の促進や、空き家対策などについて、両者が連携・協力していく。協定期間は9月21日から1年間。同社グループでは、奈良県や大阪府などで住宅事業を長年展開し、近鉄沿線を中心に、地域の活性化に取り組んできたほか、国土交通省の「住宅ストック維持・向上促進事業」にも取り組み、住宅ストックの維持向上・評価・流通等を一体化した新たな仕組みの開発を進めてきた。今回の協定を機に、誰もが安心して暮らすことができるまちづくりに貢献していく考え。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

空き家・空き地バンク、空き家バンク

空き家・空き地の物件情報が登録され、検索できる情報システム。地方自治体が運営していることが多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。