不動産ニュース / 調査・統計データ

2017/9/27

2割超が「相続したくない」

 (株)シースタイルは26日、9月23日の「不動産の日」に合わせて実施した「不動産相続についての調査」結果を発表した。調査は8月31日~9月11日、同社の運営する不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を利用した20歳代以上の男女を対象にインターネットで実施。有効回答数は781人。

 不動産相続の経験や可能性について聞いたところ、「相続の経験がある」が21.9%、「相続の可能性がある」が30.5%と、過半数が相続に関わることが分かった。このうち、相続経験者に相続した不動産の種類を聞いたところ、「戸建て」が79.5%、「農地」18.7%、「土地」8.2%、「マンション」7.0%と、「農地」が2割近くを占め、「土地」よりも多かった。

 相続した不動産をどうしたのか聞くと、「自分が住んだ」が36.8%で最多。「子供が住んだ」3.5%、「親が住んだ」1.8%を合わせ42.1%が、相続した不動産に居住している。「売却」は22.8%、「空き家として管理」は17.0%。「放置」も11.7%おり、「賃貸した」8.8%よりも多くなった。

 相続する可能性があると回答した人に、不動産の種類を聞くと、「戸建て」が81.5%で最多。「土地」が33.6%、「農地」が11.8%、「マンション」が7.1%となった。また、その不動産を相続をする意思があるかどうかについても、「ある」が79.4%、「ない」が20.6%となり、2割超が相続したくないと考えていることが分かった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。