不動産ニュース / その他

2017/10/5

違反建築物の一斉パトロールを実施/東京都

 東京都は19日に、違反建築物に対する「一斉公開建築パトロール」を実施する。

 各特定行政庁が、監察担当職員によるパトロール班を編成。地域の実情に応じてパトロール重点事項を定め、建築工事現場における状況の点検、指導、違反是正等を行なう。また違反建築中の場合は、建築主、工事施工者等に対し、必要な指示を出し、緊急を要するものについては、工事停止または使用禁止等の措置をとる。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

違反建築物

建築基準法や都市計画法などに違反している建築物。建築後に増改築や用途変更を行なった結果、違法となる場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年1月号 日々の実務に役立つ情報満載です

19人のベテラン実務者たちが語る「不動産業の面白さ」とは?「やりがい」とは?…特集をチェック!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

お知らせ

2017/12/6

「海外トピックス」更新しました

Vol.335 生前遺言状作成で、家族との関わりをシンプルに の記事を更新しました。

離婚、再婚、養子、シングルマザー、LGBTの夫婦など、日本に比べると複雑なことが多いアメリカ人の家族関係。

だからというわけではないのかもしれませんが、アメリカ人は不測の事態に備えて法律的な処置を普段からしっかりしている人が多いようです。筆者の身近な例をもとに、彼らの生前相続対策についてレポートします。