不動産ニュース / 調査・統計データ

2017/10/12

東京オフィスビル空室率、再び低下

 三鬼商事(株)は12日、2017年9月時点の全国主要都市のオフィスビル最新市況調査結果を発表した。

 東京ビジネス地区(都心5区:千代田・中央・港・新宿・渋谷)の平均空室率は3.17%(前月比0.18ポイント低下)。竣工1年未満のビルや既存ビルに大型成約がみられたことや、同地区では解約や募集開始の影響が小さかったこともあり、1ヵ月間で空室面積は1万3,000坪減少した。

 新築ビルの空室率は16.11(同3.93ポイント低下)。新築ビル2棟がおおむね高稼働で竣工したほか、竣工1年未満のビルに大型成約の動きがあったことから、空室率が低下した。

 既存ビルの空室率は2.90(同0.15ポイント低下)。大型空室に成約が進み、空室率が低下した。

 1坪当たりの平均賃料は1万8,995円(同38円増)。新築は2万7,108円(同84円増)、既存は1万8,774円(同7円増)。

 大阪ビジネス地区の平均空室率は3.83%(同0.13ポイント低下)と、2ヵ月連続で低下した。館内増床や自社ビルからの借り換え移転による大型成約のほか、拡張移転などの中小規模の成約も多く見られたことから、大阪ビジネス地区全体の空室面積は1ヵ月間で約3,000坪減少した。

 1坪当たりの平均賃料は、1万1,187円(同11円増)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年2月号 日々の実務に役立つ情報満載です
特集:編集部が選ぶ!!不動産業界 2017年のトピックスで、昨年の重要テーマを振り返り!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/1/19

「記者の目」更新しました。

建物と人をつなぎ、まちの魅力を残す」の記事を更新しました。

今回は、築52年の共同住宅兼店舗を“リファイニング工法”により改修した事例を取材してきました。
既存ストックの再生術として一般的なのは“リノベーション”や“コンバージョン”といった手法。ですが、これらの手法による改修は、外見の化粧直しにとどまり、耐震性や抜本的な商品性には手を入れないケースも…。一方、リファイニングは、躯体の延命措置を始め、建物の「中身」にまで徹底的に手を入れる手法。建物寿命も商品寿命もリセットすることができ、今、注目が集まっています。