不動産ニュース / その他

2017/10/25

新築戸建て市場シェアNo.1目指す/R+house

全国大会の様子。
全国から会員企業が集まった

 ハイアス・アンド・カンパニー(株)は24日、(株)アンビエントホールディングスと共同展開しているビルダー・工務店ネットワーク「R+house」(アールプラスハウス)の第9回全国大会を、品川プリンスホテル(東京都港区)で開催した。

 同ネットワークは、アトリエ建築家のデザインによるZEHレベルのUA値を基準にした高気密・高断熱住宅を低コストで供給している。この度、“新築戸建て市場シェアナンバーワン”を目標に、さらなるブランド強化策として、風量測定を全戸に義務化することとした。
 同シリーズの高気密・高断熱性能を発揮するために必要な計画的な換気が確実に行なわれていることを確認するため、24時間換気の性能を検査することが目的。

 このほかにも、地域間の連携強化や、クラウドファンディングサービスを介し同社が土地を買い取り、分譲した土地にR+houseを建築する施策などを展開していく予定。

 ハイアス・アンド・カンパニー代表取締役の濱村聖一氏は、「R+houseは、約80名の建築家ネットワークを保有しているほか、標準でZEH基準に対応。また、メーカーとの直接取引により工場出荷価格での部材調達が可能な点など、デザイン・性能・コスト面での優位性を持っている。売上高も順調に推移しており、2017年は39億7,000万円を達成する見込み。今後も市場の盛衰にかかわらず、常に成長を志していきたい」などと話した。

 同日はS.CONNECT(株)(静岡県湖西市、代表取締役:杉浦 司氏)や(株)リガード(東京都国分寺市、代表取締役:内藤智明氏)、(株)アネシス(福岡市城南区、専務取締役:多田信雄氏)、(株)ロジック(熊本県熊本市、代表取締役:吉安孝幸氏)が自社の展開について事例を発表。それぞれの取り組みについて会員企業で共有した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。