不動産ニュース / その他

2017/11/28

ソフトバンクと日建設計、スマートビル研究で合意

 ソフトバンク(株)と(株)日建設計は27日、共同で次世代スマートビルディングの設計・開発を行なうことを目的に業務提携に合意した。

 「次世代スマートビルディング」とは、IoTやロボットなどを活用したオフィスビルのこと。環境センサーや人感センサーなど、各種のIoTセンサーを活用して両社が持つ人流・群流データを解析、働き方を改革する新たなワークプレイスづくりに取り組んでいくほか、設計段階から新たなビルソリューションを組み入れることや、周辺も巻き込んだスマートシティづくりに貢献していく。

 同提携に基づき、両社は具体的な実証フィールドを設定、共同で実証実験を行なっていく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

スマートシティ

高度なICT(InformationandCommunicationTechnology:情報通信技術)や環境技術などを使って、環境負荷、エネルギー、交通などを最適に制御するシステムを備えた都市をいう。あるいは、小さな環境負荷の下で都市機能・都市生活を展開することができる都市をいうこともある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。