不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2018/1/30

不動産事業好調で増益/ヒューリック17年12月期

 ヒューリック(株)は30日、2017年12月期決算(連結)を発表した。 

 当期(17年1月1日~12月31日)は、売上高2,896億1,800万円(前年同期比34.2%増)、営業利益642億4,900万円(同20.3%増)、経常利益618億7,000万円(同20.2%増)、当期純利益424億200万円(同21.5%増)となった。

 主力の不動産事業は、建て替えについては、「ヒューリック調布」(東京都調布市)が3月に、「ヒューリック蒲田ビル」(東京都大田区)が7月に竣工。新規物件(固定資産)については、「ヒューリック南青山ビル」(東京都港区)など7物件を取得し、「Primegate飯田橋」(東京都新宿区)など2物件を売却した。不動産賃貸収入の増加に加え、販売用不動産の売却も順調に推移したことなどから、営業収益は2,591億7,500万円(同41.2%増)、営業利益は692億800万円(同20.6%増)を計上した。

 次期については、営業利益720億円、経常利益685億円、当期純利益465億円を見込む。

 また、新中期経営計画(18~20年)についても発表。前中期計画(16~18年)の経常利益等を、17年で前倒し達成したことから、新たに計画を策定した。

 賃貸事業をベースにしつつ、開発事業およびバリューアッド事業のさらなる強化、アセットマネジメント事業等による安定収益を拡大していくビジネスモデルへの進化を図っていく。20年度の利益計画は、営業利益880億円、経常利益850億円、当期純利益550億円を目指す。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

不動産

不動産とは「土地及びその定着物」のことである(民法第86条第1項)。定着物とは、土地の上に定着した物であり、具体的には、建物、樹木、移動困難な庭石などである。また土砂は土地そのものである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。