不動産ニュース / IT・情報サービス

2018/1/30

IoT導入で不在時でも宅配等サービスを提供

サービス概要図。ドアノブの上に「NinjaLock」を設置することで、不在時にも各種サービスが受けられる

 IoT製品を開発している(株)ライナフは、宅配や家事代行サービスを提供する5事業会社と提携。賃貸マンション「ジニア大森西」(東京都大田区、総戸数36戸)にて「サービスがはいってくる家」プロジェクトを、2月下旬より開始する。30日、同プロジェクトに関する記者説明会を開催した。

 同プロジェクトは、同社製品のスマートロック「NinjaLock」や、オートエントランス開錠システム「NinjaEntrance」などのIoT製品を活用することで、入居者の自宅不在時にも、荷物の宅配や家事代行などのサービスが受けられるというもの。
 生活協同組合パルシステム東京、(株)ホワイトプラス、honestbee(株)、(株)タスカジ、(株)ベアーズの5社と提携。宅内食事配達や宅内クリーニング配達、買い物代行などを行なう。

 「ジニア大森西」では、共有エントランス部に「NinjaEntrance」を、全36戸に「NinjaLock」を設置。専用のコールセンターが、電話により各事業者のサービススタッフの本人確認と、インターネットを経由したカギの開閉を遠隔操作。入居者は、スマートフォンの「NinjaLock」専用アプリから自室玄関ドアの開閉履歴を随時確認できるという仕組み。また、居室不在時のセキュリティ強化のために、玄関部の人の出入りの動きを撮影し、スマートフォンアプリから確認できるクラウドカメラ「Safie(セーフィー)」と、錠前付きの室内扉を設置する。

 説明会で、同社代表取締役の滝沢 潔氏は「スマートロックは後付けが可能なため、既存マンションへの対応も可能。分譲マンションや戸建てからのニーズも少なくない。今回のプロジェクトで得られる課題や運営フローをもとに、さまざまな事業者と提携しサービス拡大を目指す」などと話した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年11月号

頻発する災害。そのとき、不動産会社の役割とは!?



<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・知っ得!営業に役立つ建築基礎講座
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/10/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2018年11月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

7月9日を中心に全国各地で観測された「西日本豪雨」。今回は、特に被害の大きかった岡山県、広島県を取材してきました。ご自身も被災されている中、取材に協力してくださった皆さまに大変感謝いたします。近年災害が多く気が滅入りますが、現地の様子や対応が広く広がり、今後の知見として役立てばせめてもの救いになるのではないでしょうか。ぜひ、ご参考ください。