不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2018/4/16

分配金は3,797円/HLI18年2月期

 ヒューリックリート投資法人(HLI)は12日、2018年2月期決算を発表した。

 当期(17年9月1日~18年2月28日)は、営業収益81億8,300万円(前期比15.3%増)、営業利益47億3,300万円(同17.7%増)、経常利益42億1,500万円(同19.4%増)、当期純利益42億1,400万円(同19.4%増)。1口当たり分配金は3,797円(同419円増)となった。

 「相鉄フレッサイン銀座7丁目」の追加取得など3物件を取得、2物件を譲渡した。期末時点の保有物件は44物件、取得価格合計は約2,564億円。都心・駅近にこだわったポートフォリオ構成が奏功し、ポートフォリオ全体の稼働率は99.7%(前期比0.4ポイント増)と高水準を維持した。

 今後は、マーケット賃料水準より低い賃料のテナントに対しては、増額更改により賃料の適正化を進めると共に、退去区画についてはマーケット賃料水準による後継テナントの早期リーシングに注力する計画。

 決算説明会に登壇したヒューリックリート投資法人およびヒューリックリートマネジメント(株)代表取締役の時田榮治氏は、「スポンサー経由での物件取得に加え、今後は外部物件の取得にも取んでいく。上場当初から掲げていた資産規模3,000億円の達成はすでに見えてきている」とコメントした。

 次期については、営業収益79億2,600万円、営業利益44億9,000万円、経常利益39億6,400万円、当期純利益39億6,300万円、1口当たり分配金3,570円を見込む。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

JREIT

不動産投資信託のことで、アメリカのREIT(Real Estate Investment Trust)の日本版であることから、JREITと呼ばれる。不動産を買収、賃貸して収益を得る専門の会社(投資法人)または同様の機能を担う信託会社が証券を発行し、金融商品として取引される。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。