不動産ニュース / 政策・制度

2018/4/25

「省CO2先導プロジェクト」の提案募集

 国土交通省は24日、「省CO2先導プロジェクト2018」の提案募集を開始した。

 「平成30年度サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」の採択プロジェクトのこと。同事業は、省エネ・省CO2に関する先導的な技術を導入した建築物のリーディングプロジェクトを支援し、環境負荷低減に寄与する取り組みの普及啓発を図る。

 募集するのは(1)一般部門(非住宅建築物、共同住宅、戸建住宅)、(2)中小規模建築部門(非住宅)に加え、今年度から(3)LCCM住宅部門(戸建住宅)を新設した。(1)(2)については、省エネ基準への適合や先導的な技術の導入が事業要件。(3)については、「ライフサイクルCO2の評価結果がゼロ以下」「ZEH基準を満たす」「住宅としての品質が確保されたもの」などが要件となる。採択したプロジェクトには、設計費、建設工事費等に補助対象費用の2分の1(上限5億円)を補助する。

 応募締切は6月13日。応募要領や提案書様式については事務局である国立研究開発法人建築研究所のホームページを参照。締め切りに先立つ5月上旬より、全国8会場で支援事業説明会も開催する予定。採択結果は8月を目途に公表する。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

省エネ基準

建築物の使用によって消費されるエネルギー量に基づいて性能を評価する場合に、その基準となる性能をいう。「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(建築物省エネ法)に基づいて定められている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。