不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/5/7

マンションPER、価格高騰の影響で上昇

 (株)東京カンテイは7日、2017年の「新築マンションPER」(改訂版)を公表した。新築マンションPERとは、新築マンション価格が同じ駅圏の分譲マンション賃料の何年分に相当するかを求めた値で、マンション価格の割高・割安を判断する一つの目安にできる。従来は比較対象となる賃貸物件の築年数を限定していなかったが、今回より「改訂版」として新築に絞り込んだ。

 17年の新築マンションPERは、首都圏平均で24.49(前年比変化なし)。対象(212駅)のうち、PER24以上を記録したのは52.4%(同0.2ポイント減)を占めた。00年は2.5%、リーマン・ショックが発生した08年が25.0%となっており、近年の高さは際立っている。同社では「利回りに換算すると4%強。賃料見合いで考えると、分譲マンションの買いにくさは増していると言わざるを得ない」とする。

 首都圏で最もPERが低かった駅はJR「柏」駅で14.97。70平方メートル価格3,701万円に対して70平方メートル賃料20万6,024円だった。京浜急行「京急川崎」駅が16.05、JR「上尾」駅が16.59で続いた。4番目に低かったのはJR「目黒」駅で17.24だった。大手ディベロッパーによる高額マンションから賃貸事例が出て平均賃料が約3割上昇したことから、PERを引き下げたと考えられる。

 一方、PERが最も高かったのは東京メトロ「青山一丁目」駅の45.26で、価格2億926万円に対して賃料は38万5,302円だった。こちらは、大手ディベロッパーによる高級マンションが販売価格を引き上げた結果、PERも上昇した。以下、東京メトロ「麹町」駅37.12、みなとみらい線「元町・中華街」駅36.37と続いた。

 近畿圏のPERは平均22.21(同1.21ポイント上昇)。PER24以上の割合は29.6%(同10.7ポイント増)で、00年以来初めて最多となった。

 中部圏は平均21.66(同0.99ポイント上昇)。PER24以上の割合は24.4%(同9.6ポイント増)で、22以上24未満と並んで最多だった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年11月号
日々の実務に役立つ情報満載です

さまざまな手法でDIY賃貸に取り組む不動産会社を取材!導入の効果や、ユーザーの反響などを伺い、普及への「カギ」を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/10/15

「記者の目」更新しました

すべてのカップルが手をつなげるホテル」更新しました!
皆さんは、「LGBTツーリズム」なる言葉を知っていますか?字義通り、LGBTを対象とした観光を示すもので、その市場規模は23兆円と巨大。日本でも先般、国内初のダイバーシティホテルが新宿に誕生しました。詳しいサービス内容や、開業後の反響などを取材しました。