不動産ニュース / リフォーム

2018/5/14

金沢でキャビンスタイルホテル/大和ハウス

「ファーストキャビン 金沢百万石通」外観

 大和ハウス工業(株)は2018年夏に、ホテル「ファーストキャビン 金沢百万石通」(石川県金沢市、175室)を開業する。

 「ファーストキャビン」とは、「コンパクト&ラグジュアリー」をコンセプトに、飛行機のファーストクラスをイメージしたキャビンスタイルのホテル。

 同ホテルは、ビジネス街である上堤町に立地し、金沢随一の繁華街である香林坊エリアや兼六園などの観光エリアにも近い。地上9階建ての従前は金融機関であった建物をコンバージョンして運用する。

 カプセルタイプのファーストクラス・ビジネスクラスに加え、個室タイプでツインベッド+畳スペースで4人の利用が可能なプレミアムクラスも10室導入した。

ファーストクラスキャビン
プレミアムクラスキャビン。施錠ができ、同ブランドホテルで初めて乳幼児の利用を可能とする

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

簡易宿泊所

宿泊営業施設のうち、宿泊場所を多数人で共用する設備構造のものをいう。「簡易宿所」とも称される。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。