不動産ニュース / 開発・分譲

2018/5/30

東京・大田区で福祉貢献型建物を整備

福祉貢献型建物の完成イメージ

 スターツグループは29日、スターツアセットマネジメント(株)がファンドマネジャーとして運営する「スターツ福祉貢献インフラファンド投資事業有限責任組合」が、福祉貢献型建物(東京都大田区)の整備に向けた投資を行なったと発表した。同組合にとっては2号目の投資案件となる。

 整備にあたり「千鳥福祉貢献プロジェクト合同会社」を設立。認可保育所(定員54名)と共同住宅(総戸数11戸、1K)で構成された複合建物を整備する予定。鉄筋コンクリート造地上6階建て、敷地面積約360平方メートル、延床面積約880平方メートル。1~3階が認可保育園、4~6階が共同住宅となる。竣工は2019年1月の予定。

 スターツグループは、16年にスターツコーポレーション(株)を無限責任組合員とする投資事業有限責任組合契約を、東京都およびスターツアメニティー(株)を含む3者で締結。同組合を設立し、都内の子育て支援施設を含む福祉貢献型建物の整備促進に取り組んできた。今後も、都内で同インフラファンド事業を通じた福祉貢献型建物の整備・普及に貢献していく。

この記事の用語

インフラファンド

金融商品の一つで、インフラストラクチャー(社会基盤)を投資対象とする投資法人または投資信託をいう。2015年に取引所に上場することが認められた。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。