不動産ニュース / その他

2018/6/1

丸の内で自動運転床洗浄機の試験走行

「RS26」。1時間当たり2,657平方メートルの作業能力があり、大きいフロアに適している
「CLINABO」。1時間当たりの作業能力は約1,000平方メートルで、小回りがきく

 三菱地所(株)は、東京・丸の内エリアで展開している「ロボットを活用した豊かな街づくり」に、新たに清掃ロボットを導入。5月31日、行幸地下通りなどで試験走行を実施した。

 同社は4月から、人口減少による人手不足を見据え、人工知能(AI)等を活用したロボットを、まちのサービスや運営業務の分野に段階的に導入。これまでに「セグウェイに搭乗する街のコンシェルジュ」や「警備ロボット『Reborg-X』」の導入等を進めてきた。

 今回試験走行した清掃ロボットは、ソフトバンクロボティクス(株)の「RS26」と日本信号(株)の「CLINABO」の2台。「RS26」は、自動運転技術を搭載しており、自律走行での床洗浄が可能。対象エリアをスタッフが手動運転すると、清掃ルートを記憶。複数のセンサーが人や障害物を検知し衝突を回避しながら清掃する。「CLINABO」も清掃ルートを記憶させることで、自動清掃が可能。

 三菱地所ビル運営事業部統括の渋谷 一太郎氏は、「ビルメンテナンス業界の“働き方改革”にもつながると考えている。今回の試験走行の結果を踏まえ、当社で運営する空港や大型商業施設への導入も検討していく」と話した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。