不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/6/11

東京主要5区ビル空室率、2%台に

 (株)ビルディング企画は11日、2018年5月度の全国6大都市圏(東京、名古屋、大阪、福岡、札幌、仙台)の主要エリアにおけるオフィスビル市況調査の結果を発表した。調査対象は、空室率が基準階床面積100坪以上の事務所ビル、推定成約賃料が同100~300坪の事務所ビル。

 東京主要5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空室率は2.84%(前月比0.24ポイント低下)と改善し、08年4月以来の2%台に突入した。区別でも、千代田区2.07%(同1.72ポイント低下)、中央区5.61%(同2.37ポイント低下)、港区3.07%(同1.60ポイント低下)、新宿区1.63%(同0.52ポイント低下)、渋谷区1.08%(同1.27ポイント低下)とすべての区で改善した。

 1坪当たりの推定成約賃料は、2万481円(同223円上昇)。新規募集物件が少なく希少性が高くなるため、賃料も上昇傾向に。新規募集があっても内部の増床ニーズに加え、外部からの解約前に引き合いを受けている物件も多く、さらに空室率改善が予想される。

 その他の都市は、名古屋は空室率2.68%(同0.2ポイント低下)・坪当たり推定成約賃料1万295円(同118円下落)、大阪が2.43%(同0.16ポイント低下)・9,459円(同23円上昇)、福岡が1.89%(同0.05ポイント低下)・1万1,965円(同112円下落)、札幌が2.59%(同0.06ポイント低下)・7,956円(同106円上昇)、仙台が4.54%(同0.27ポイント低下)・9,258円(同40円上昇)となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年12月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・知っ得!営業に役立つ建築基礎講座
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/11/14

「記者の目」更新しました

地域で“求められている”ものを創り出す」を更新しました。
働き方改革などの影響により、コワーキングオフィスやシェアオフィスなど、多様なオフィスが各地で増えています。それらはオフィス運営企業が提供しているものがほとんどですが、今回取材したシェアオフィス「NAGAYA清澄白川」は、地域住民が中心となった法人が開業しました。取り組みを開始した経緯とは?