不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/6/13

除却・活用なければ33年に空き家1,955万戸

 (株)野村総合研究所は13日、2018年以降の新設住宅着工戸数、リフォーム市場規模、空き家数・空き家率、大工の人数の予測を発表した。

 17年度に95万戸を記録した新設住宅着工戸数は、徐々に減少。20年度は77万戸、25年度には69万戸、30年度には60万戸となると予測した。30年度を利用関係別にみると、持家は20万戸、分譲住宅14万戸、給与住宅を含む貸家26万戸となる見込み。

 リフォーム市場規模は、住宅着工統計上で新設住宅に計上される増築・改築工事、設備等の修繕維持費の合計を「狭義のリフォーム市場規模」と定義。これにエアコンや家具等のリフォームに関連する耐久消費財、インテリア商品等の購入費を含めた金額」を加えたものを「広義のリフォーム市場規模」とし、その市場規模は、30年まで年間6兆~7兆円で推移すると予測。狭義の市場規模はそれより1兆円前後少ない規模になると見込む。

 一方、空き家数・空き家率は、既存住宅の除却やコンバージョンが進まなければ13年の820万戸・13.5%から、33年には1,955万戸・27.3%に拡大すると予測した。

 大工人数については、15年時点で35万人だったが、高齢化や産業間人材獲得競争の激化によって30年には21万人に減少すると予測。大工1人当たりの新設住宅着工戸数は年間2戸程度で推移してきたが、今後、住宅需要の減少以上に大工の人数が減少するため、30年度予測の約60万戸も達成できなくなる可能性も指摘した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です。
地域の歴史やニーズに合わせ、地場業者が遊休不動産を再生!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/6/6

「記者の目」更新しました

ここまできたIoT住宅」を更新しました。

今回はIoT技術を用いた住宅を取材しました。AIが住人の生活パターンを記憶して生活をサポートするなど…まるで魔法のような生活が現実となっているようです!