不動産ニュース / 仲介・管理

2018/6/28

東京・久が原の賃貸住宅に多世代交流基地

「AGITO」イメージ。波紋が広がったように円形のモチーフを多用したプランニングとなっている

 マンション・ビル管理業務などを手掛ける東京ディフェンス(株)(東京都品川区、代表取締役:山田邦博氏)は、賃貸住宅「パティオ久が原」(東京都大田区)の1室を共用部へ改修。コモンスペース「AGITO」としてオープンした。

 同物件は、東急池上線「久が原」駅徒歩15分に立地。鉄筋コンクリート造地上6階建て。

 「AGITO」は、(株)ブルースタジオが「こどものための多世代交流基地」をコンセプトに企画・設計監理を担当。子育て世代の多い賃貸住宅のエントランスに、中庭との繋がりを意識した子供が日常的に楽しく使えるコモンスペースを設けることで、子供を中心とした多世代間の自然な交流を促す。野菜やハーブが植えられる菜園コーナーも設けた。また、継続的に交流イベントも運営していく予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。