不動産ニュース / その他

2018/7/23

宅地耐震化の推進でガイドライン/国交省

 国土交通省は23日、全国宅地耐震化の推進ガイドラインを策定し、地方公共団体に周知した。

 約1万5,000件の宅地が被災した熊本地震において、実際に宅地復旧を進める中で得られた教訓をもとに作成。地方公共団体が、「被災時の迅速な宅地復旧」と「通常時の宅地耐震化」に取り組めるよう、被災発生時の宅地復旧における留意事項、通常時に取り組むべき宅地耐震化対策について解説した。

 宅地復旧に際しては、「被災宅地の全体像を把握し、活用する事業や独自支援の検討(トータル的視点)」「事業を機動的に活用するために宅地耐震化推進事業の趣旨等への理解を深めること(事業への精通)」「国の事業の対象とならない宅地の復旧などを検討する場合のさまざまな留意点(独自支援の内容の検討)」「相談窓口等の整備(的確な相談が可能な体制づくり等)」の4つの観点からまとめた。

 通常時の宅地耐震化については、「大規模盛土造成地マップ等の作成と公表」「宅地擁壁の点検や調査の促進と宅地所有者への啓発」などについて記した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。