不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/7/25

不動産投資、「買い時」が37.8%/スマイスター

 「スマイスター」を運営するリビン・テクノロジーズ(株)は24日、不動産投資に関する調査結果を発表した。スマイスターを利用した20歳以上の男女916人が調査対象。

 不動産投資については、「現在している」が6.1%、「過去にしていた」が4.2%、「興味はあるが未経験」が20.3%、「興味がない」が69.4%。

 不動産投資対象について、「過去にしていた」人と「現在している」人を比較すると、「区分マンション」は過去が50.0%で現在が41.1%、「戸建て」は、過去が31.6%で現在が12.5%といずれも減少。一方、「1棟アパート」は過去が5.3%に対し現在が28.6%と増加しており、種類でバラつきが見られた。また、「シェアハウス」「トランクルーム」「倉庫」「オフィスビル」「不動産私募ファンド」は、過去が5.0%未満と多少はいたが、現在が0.0%に。「REIT」については、現在が10.7%いるものの、過去が0.0%だった。

 未経験者に「投資してみたい不動産投資の種類」を聞いたところ、「戸建て」が29.0%、「駐車場」が26.9%、「1棟アパート」が22.6%に。そのほか「コインパーキング」(16.7%)、「民泊」(12.9%)、「シェアハウス」(10.2%)、「介護施設」「サービス付き高齢者向け住宅」(共に8.6%)など、ここ数年話題となった投資対象にも比較的関心を持っていることが分かった。

 「投資用不動産の買い時」については、「今が買い時だと思う」が8.8%、「2019年の消費税増税までは買い時だと思う」が15.1%、「20年の東京オリンピックまでは買い時だと思う」が13.9%、「買い時ではないと思う」が30.9%、「買い時はしばらく来ないと思う」が31.3%。期間限定ではあるが買い時だと考えている人が37.8%いるのに対し、今は買い時ではないと考えている人は62.2%という結果に。なお、回答者の内訳を見ると、「買い時ではないと思う」は不動産投資経験者ほど高い回答率となっている。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。