不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/7/25

新型・次世代太陽電池市場、30年に2,433億

 (株)富士経済は24日、近年、商用化に向けた取り組みが活発化している新型・次世代太陽電池市場についての調査結果を発表した。

 調査対象は、新型・次世代太陽電池を商用化している企業、あるいは商用化に目途をつけた国内および海外企業21社。フレキシブル結晶シリコン、フレキシブルGaAs、ペロブスカイト、色素増感、有機薄膜について調査した。

 2017年の既存太陽電池(結晶シリコン(単結晶、多結晶)、薄膜シリコン、CI(G)S、CdTe)市場は5兆7,830億円。一方、新型・次世代太陽電池市場は3億円となり、18年には15億円、30年には2,433億円に達すると予想。既存太陽電池との置き換わりが実現すれば、巨大な市場を形成する可能性がみられる。
 ただし、すでに商用化されている色素増感太陽電池(DSC)と有機薄膜太陽電池(OPV)は、太陽光の利用に加え、室内光の利用による用途開拓が進んでいるが、既存太陽電池は製造コスト、供給体制、技術水準で大きく先行しており、販売価格も数十円/W台と大幅に安価となっている。これらのことから同社では、現状の価格競争力では、早急に新型・次世代太陽電池が主流化する可能性は低く、まずは既存太陽電池と競合しないIoT機器・無線センサーの電源や、ZEB/ZEHの実現に寄与するBIPV(建材一体型太陽電池)といった用途から市場形成が進んでいくと予想している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/22

「記者の目」更新しました

“入居中”物件を1棟リノベ」を更新しました。
物件の競争力アップを狙った、賃貸マンションの1棟リノベ。それは通常、工事の騒音などを踏まえ、全戸空き状態のものを取得、または借り上げして実施するものだ。しかし、神奈川県住宅供給公社が手掛けたあるマンションでは、あえて3分の2が入居中の状態で1棟リノベを決行したという。その狙いとはいったい!?