不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/7/25

若者の約4割が50平方メートル未満物件で購入を検討

 (一社)不動産流通経営協会(FRK)は25日、「50平方メートル未満の住宅の居住満足度・住宅購入がライフスタイルに与える影響に関する調査」結果を公表した。

 50平方メートル未満の住居(賃貸住宅を含む)に居住している人々の主観的満足度を明らかにすること、若年シングル・カップル層の持ち家ニーズを把握することが目的。調査は4月28日~5月9日、首都圏、愛知県、北海道、宮城県、福岡県、沖縄県に住む25歳以上49歳以下の男女を対象に、インターネット調査を実施した。サンプル数は2万1,279件で、若年を25~35歳、中年を36~49歳と定義する。

 ライフイベントと住まいに関する若年全体の考え方として、60.1%が「毎月の支払いが家賃と同じくらいで、広くなるなら持ち家のほうが良い」と回答。49.4%が「持ち家なら安心して老後が遅れると思う」と考えていることが分かった。
 また、「どちらかが持ち家なら安心して結婚できる(38.5%)」「子供がいるなら賃貸よりも持ち家のほうが良い(48.6%)」など、住宅購入は結婚・出産等の行動を支援する役割を担っていることがうかがえた。

 若年全体では、約半数が「今後住宅を購入したい」と回答。賃貸住宅に住んでいる若者ではおおむね6割が住宅購入を希望しており、現在持ち家に住んでいても約3割が住宅の買い替えを意識しているという結果に。検討する住宅の広さで最も希望する大きさについては50平方メートル以上が主流。狭くても許容できる広さの平均は60.2平方メートルであるが、4割近い若者は50平方メートル未満の物件を検討範囲に入れている。

 50平方メートル未満の住居を検討する理由については、「資金が少なくても購入することができるから(52.4%)」「1人ないし2人程度で住むにはちょうど良いから(45.1%)」など。さらに、50平方メートル以上の物件と同様に、取得時の特例や住宅ローン減税が受けられるとした場合、50平方メートル未満の新築マンションを検討する割合が6割を占めた。

 同協会は、「住宅ローン減税面積条件が変更された場合、住宅購入意向が増すことが確認できた。税制といった側面から若者の住宅購入意欲をサポートすることは、結婚や出産等の行動をバックアップし、少子化問題を解決する一助になるのではないか」としている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。