不動産ニュース / その他

2018/7/31

幹部人事を発令/国交省

 国土交通省は幹部人事を発令した。31日付。

 住宅・不動産関係部署での人事異動は、以下の通り。(かっこ内は現職、順不同、敬称略)。一部は25日付のニュースを参照。

 ▽辞職=吉田光市(国土交通審議官)▽大臣官房建設流通政策審議官=北村知久(大臣官房審議官(国土政策局、土地・建設産業局担当))▽大臣官房審議官(国土政策局担当)=佐竹洋一(大臣官房付)▽辞職=奈良平 博史(国土交通審議官)▽大臣官房総括審議官=瓦林康人(観光庁審議官)▽観光庁審議官=高科 淳(※)(経済産業省大臣官房付)▽退職=田村 明比古(観光庁長官)▽大臣官房物流審議官=松本年弘(総合政策局次長)▽大臣官房審議官(官庁営繕部担当)=岩下啓希(大臣官房付)▽大臣官房審議官(総合政策局、土地・建設産業局担当)=坂根工博(厚生労働省職業安定局雇用開発部長)▽大臣官房技術審議官(都市局担当)=徳永幸久(都市局市街地整備課長)▽大臣官房技術参事官(総合政策局、土地・建設産業局担当)=岡積敏雄(水管理・国土保全局水資源部水資源計画課長)▽大臣官房審議官(総合政策局、海事局、港湾局担当)=海谷厚志(大臣官房会計課長)▽大臣官房政策立案総括審議官=青柳一郎(大臣官房付)▽大臣官房審議官(住宅局担当)=小林 靖(首都高速道路(株)経営企画部長)▽出向(内閣府地方創生推進事務局長)=田村 計(土地・建設産業局長)▽大臣官房総括監察官=東 潔(大臣官房審議官(道路局担当))▽大臣官房審議官(道路局担当)=田尻直人((一社)建設業振興基金経営基盤整備支援センター研究部長)▽総合政策局安心生活政策課長=奈良裕信(大臣官房付)▽都市局総務課長=宮坂祐介(土地・建設産業局国際課長)▽土地・建設産業局国際課長=出口陽一(土地・建設産業局建設市場整備課長) ▽土地・建設産業局建設市場整備課長=小笠原 憲一(大臣官房参事官(税制担当)) ▽大臣官房参事官(税制担当)=長崎敏志(自動車局自動車情報課長)▽大臣官房人事課長=村田茂樹(総合政策局政策課長)▽総合政策局政策課長=中田裕人(土地・建設産業局不動産業課長)▽土地・建設産業局不動産業課長=須藤明夫(土地・建設産業局企画課長)▽土地・建設産業局企画課長=鈴木あおい(大臣官房付)▽大臣官房会計課長=市川篤志(大臣官房参事官(会計担当))▽総合政策局総務課長=高桒圭一(警察庁長官官房参事官(教養担当))▽国土政策局総務課長=木村 実(国土政策局総合計画課長)▽国土政策局総合計画課長=田中 徹(大臣官房付)▽都市局市街地整備課長=渡邉浩司(都市局街路交通施設課長)▽都市局公園緑地・景観課長=古澤達也(都市局公園緑地・景観課緑地環境室長)▽住宅局総務課長=笹川 敬(農林水産省農村振興局整備部防災課長)▽土地・建設産業局地価調査課長=四日市 正俊((独)水資源機構総務人事本部総務部長)▽出向(観光庁総務課長)=加藤 進(大臣官房付)▽総合政策局技術政策課長=金子純蔵(国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所企画部長)▽土地・建設産業局地籍整備課長=高藤喜史(道路局総務課高速道路経営管理室長)

※「高」は正式にははしごだか

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。