不動産ニュース / IT・情報サービス

2018/9/13

首都圏マンション販売戸数、93年以来の低水準

 (株)不動産経済研究所は13日、2018年8月の首都圏マンション市場動向を発表した。

 同月の発売は1,502戸(前年同月比28.5%減)と、8月としては1993年(1,354戸)以来の低水準に。契約率は64.5%(同3.7ポイント低下)と5ヵ月連続で60%台となった。

 1戸当たりの平均価格は5,360万円(同7.5%下落)、1平方メートル当たりの平均単価は78万8,000円(同9.5%下落)と、いずれも2ヵ月連続で下落した。

 即日完売物件はなし。月末時点の販売在庫数は6,023戸で、前月末に比べて239戸減少した。

 なお、9月については3,000戸の発売を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。