不動産ニュース / 開発・分譲

2018/9/14

タマホーム、ミャンマーに進出。現地企業と合弁

 タマホーム(株)は12日、シンガポールの現地法人・Tama Global Investment Pte.Ltdを通じて、ミャンマーで不動産開発・建設工事等を手掛けるKakehashi Real Estate Group Co.,Ltd(以下、カケハシ社)との合弁企業・Kakehashi Tama Home Deveropment Co.,Ltd(カケハシ・タマホーム・ディベロップメント)を設立した。

 新会社の代表はカケハシ社社長のKyaw Myo Lynn氏。資本金は約8,800万円で、出資比率はTama Global Investment Pte.Ltdが35%、カケハシ社が65%。

 ミャンマーで8月1日に施行した新会社法では、外国企業の出資比率が35%以内であれば内資企業として扱われ、外資企業に課せられる規制の対象外となった。これを受けて、同社では今後同国での分譲マンション開発事業が活発になると判断、今回の合弁会社設立に至った。同社は、合弁会社設立を機にメコン圏での本格的な事業展開を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。